2018クイーンC〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

父サンデー系×母父ノーザンダンサー系の馬、もしくはその逆の組み合わせの馬がよく走る。一昨年・昨年と、1〜3着の馬が全て該当している。また、府中マイルでは、ヴァイスリージェント系が強く、中でもクロフネの血が有効。昨年の覇者アドマイヤミヤビと2着のアエロリットが、それぞれ母父と父がクロフネだった。

ディープ×クロフネのフィニフティを本命とし、サンデー系×ノーザンダンサーの馬に残りの印を回した。

◎フィニフティ
◯マウレア
▲テトラドラクマ
△ライレローズ

馬券は◎の単複と、◎と▲から馬連流し。

 

スクリーンショット 2018 02 14 15 08 24

〜回顧〜

1着 ▲テトラドラクマ
2着 ◎フィニフティ
3着 …アルーシャ
5着 ◯マウレア
11着 △ライレローズ 

当初はテトラドラクマを◎にしようかととも思ったのだが、ヴァイスリージェントの血、特にクロフネ保持ということでフィニフティに本命を変更。単勝は取り逃がしたが、馬連40倍の中穴をゲット!複勝も押さえて2月に入ってからの負け分を回収。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。