2018阪急杯〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

7歳馬ミッキーラブソングを本命。
「1400は1400のスペシャリストを狙え」という競馬格言に乗っ取り、出走馬のうち最多の4勝を誇る本馬を抜擢。2走前の阪神1200タンザナイトSで勝利しているのに、なんだか人気が無いぞ。そのタンザナイトSで2着のラインスピリットと3着のアクティブミノルは次走の淀短距離Sでそのまま繰り上がって1・2着している。

対抗に上がり馬モズアスコット。前走は重賞初挑戦となる阪神カップ(阪急杯と同条件)で、同じく3歳のサングレーザーには先着を許し惜しくも4着だったが、サングレーザーはマイルCS3着もある馬だ。デムーロ弟からルメールに乗り替わり、当然の1番人気だが、ここは人気通りの実力があると見る。

単穴に、一昨年の阪神カップ勝ち馬シュウジ。その時の枠番も今回と同じ1枠2番。この馬の狙いは、小回りコースで内枠に入った時。その条件なら好走必至。父父のフジキセキ譲りの器用さが出ていると言えよう。が、鞍上が福永に乗り替わり。うまく内々を捌いてくるイメージが湧かないため、単穴までとする。

押さえは手広く1400実績馬をチョイス。
筆頭はマツリダゴッホ産駒ディバインコード。前走東京新聞杯では、差し馬有利の中、先行して残り粘った馬。こういう馬は強い。
残りの印は、まずG1馬レッドファルクス。デムーロがペルシアンナイトの方を選んだのがマイナス。
カラクレナイ。牝馬だが、消耗戦になればサドラー系のスタミナと母父アグネスタキオンの持続力が生きる。
アポロノシンザン。重賞初挑戦の前走では及ばなかったが、まだ見限るには早い。

◎ミッキーラブソング
◯モズアスコット
▲シュウジ
☆ディバインコード
△レッドファルクス
△カラクレナイ
△アポロノシンザン

馬券は、◎の単複、◎からの馬連流し。
◎◯二頭軸で3連単マルチ。

スクリーンショット 2018 02 26 13 07 45

 

〜回顧〜

引退する調教師の馬に武が乗り、大円団、めでたしめでたし・・・。っていうか、こんなのばっかしだな。白猫師匠も怒り心頭ですよ。

スクリーンショット 2018 02 26 13 08 11

~レース後のコメント~

1着 ダイアナヘイロー(武豊騎手)
「今日は(引退する)福島先生の最後の重賞でしたからね。それが第一でした。道中はリズムよく、途中から先手を取るいい形。でも最後はさすがに一杯一杯で、『勝ってくれ』と神様にお願いしました。お世話になった先生ですから、とにかく嬉しいです。昨年はこの馬といいレースをしてきましたから、本当に良かったです。競馬にはこういうこともあります。それに携われて幸せです」

2着 モズアスコット(C・ルメール騎手)
「今日は外枠が大変でした。ペースがあまり速くなく、少しひっかかりました。その分反応が少し遅れました。直線ではよく伸びたのですが…。少しレース間隔が開いていましたし、次は楽しみです」

3着 レッドファルクス(川田将雅騎手)
「終いの脚を生かすレースをするよう指示がありました。道中は自分のリズムで走らせて、モズアスコットの後ろからいい伸びを見せてくれました。着差が着差だけに申し訳ない結果でした。しかし、休み明けを考えるといい脚を使っています」

4着 ニシノラッシュ(幸英明騎手)
「最後までしっかりとよく伸びてくれました。馬の状態が良くなっていました」

5着 ペイシャフェリシタ(松田大作騎手)
「最後は伸びていますが、この馬は1200mの方が切れる馬だと思います」

6着 シュウジ(福永祐一騎手)
「レースはいいリズムで運べました。ただ展開がスローの団子状態になって最内も最後しかあきませんでした。スペースを見つけることができませんでした。残念です」

2018中山記念〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

懲りずにマルターズアポジーを本命に狙う。関屋記念の勝ちもあるが、本領を発揮するのは小回りコースの1800〜2000のレース。2000の成績は(3.0.0.6)と、来るか来ないかのどちらか。それに比べ1800の成績は(3.1.2.1)と、馬券内率85.7%で安定している。マイルCS以来の久々がどうかだが、調教も悪くなさそうだし、堂々の逃げ切りを見せて欲しい。鞍上が武士沢からヨシトミに乗り替わったのが気がかりだが、実は、古くはホクトヘリオス・キングオブダイヤ・キングヘイロー、最近ではナカヤマナイトなど、中山記念を4勝している最多勝利騎手だったりする(同じく4勝に横山典弘)。名伯楽の二ノ宮敬宇調教師が間も無く引退するが、ナカヤマフェスタ等の騎乗で親しい間柄にあったと思う柴田善臣としても、引退への花向けに勝利を捧げる、なんていう絵があっておかしくない。

対抗にはサクラアンプルールを抜擢。昨年の2着があるように、冬の中山はキンカメ産駒が走る。また、この中山記念、ロゴタイプやシルポートなどの同じ馬が何度も好走する、いわゆるリピーターレース。そしてヨシトミ同様、エルコンドルパサーやディーマジェスティで深い繋がりのある蛯名正義が騎乗。関東屈指のベテランジョッキーのワンツーで二ノ宮師の勇退を労うというアングル。

圧倒的人気のペルシアンナイトは単穴までとした。昨年のマイルCSの勝ち馬だが、勝因は道悪でのデムーロの力が大きい。皐月賞2着もあるように、ハービンジャー産駒は2000がベスト。1800のここでは若干割り引きたい。何より、大阪杯への叩き台という要素高し。

押さえの筆頭にマイネルハニー。こちらも中山1800が大の得意だが、本日の天気はどうやらもちそう。少し馬場が渋った方が本領を発揮すると見て、印を落とす。

押さえのもう一頭にウインブライト。スプリングS勝ちの馬が明け4歳で中山金杯を2着し、中山紀念に出てきたのだから印は外せない。

◎マルターズアポジー
◯サクラアンプルール
▲ペルシアンナイト
△マイネルハニー
△ウインブライト

馬券は、◎の単複、◎から馬連流し。◯▲押さえ。
◎◯二頭軸で3連単マルチ。

スクリーンショット 2018 02 26 12 50 35

〜回顧〜

スクリーンショット 2018 02 26 12 51 04

本命のマルターズアポジーは、4コーナーを回った辺りで手応えが怪しくなったが、そこからもう一度盛り返してきた。この2枚腰はストームキャット系の真骨頂。惜しむらくは最後の最後でアエロリットに頭差でかわされたこと。残っていたら、馬連43.5倍だっただけに実に悔しい。複勝がそこそこ付いて、阪急杯の負け分を補填できたのでまあ良しとしようか。

それにしても柴田善臣、馬にプレッシャーを与えない乗り方をしていた。意外といいコンビかもしれない。アエロリットは完全に軽視していたが、本レースはシルポートやロゴタイプが複数回 馬券になっているように、父ノーザンダンサー系が強いんだよなあ。アエロリットは父クロフネでヴァイスリージェントの流れを汲むノーザンダンサー系。押さえるべきだったなあ。

 

今週からJRA発表の、レース後のコメントを転記することにします。

~レース後のコメント~
1着 ウインブライト(松岡正海騎手)
「スタートが良くて、いい位置を取って折り合いも完璧でした。出来が良くて自身を持って長所を生かすように乗ろうと思いました。長くいい脚を使います。東京がダメではなく、中山が合っています。この馬でGIを、と思っています。頑張ります」

1着 ウインブライト(畠山調教師)
「少しずつ進歩している段階です。上手いタイミングで騎手が仕掛けてくれました。この馬も力をつけています。騎手から辛口にコメントが出ることもありますけれども、それだけ期待していると思います。1週前の追い切りで、動けはしたのですが反動が出てしまいました。今後はオーナーと相談して、GIへ向かおうと思います。間違いなくGIを勝てる馬を相手にして、力をつけていると思いました。前走、前々走とは違う流れでしたが対応できるようになっています。2000mも守備範囲です。関西遠征の経験はありませんが、福島で1泊してのレースも経験していますし、問題ないと思います」

2着 アエロリット(菊沢調教師)
「この馬にとってはいいペースで運べたと思います。この形はメンバー発表の段階から考えていました。上手くいきすぎたくらいです。芝を使う馬としては、左回りと比べると右回りでは反応にロスが出ます。勝ち馬に被されたのですが、よくファイトしてくれました。牝馬らしからぬところがあります。今後はヴィクトリアマイルに向かうことになると思います」

3着 マルターズアポジー(柴田善臣騎手)
「惜しかったです。直線で盛り返して、最後もうひと踏ん張りしてくれました。道中はこの馬のペースで行けました。もたれるところはありますが、ラチを頼りながら走ってくれました。本当によく頑張っています」

4着 サクラアンプルール(蛯名正義騎手)
「自然に流れに乗れました。最後もうひと伸びしてくれれば届いたと思います。去年よりローテーションに余裕がありますし、次につながるいいレースでした」

5着 ペルシアンナイト(M・デムーロ騎手)
「全然いいところがありませんでした。スタートで遅れてしまい、その後もうまく運べませんでした。体重は減っていましたが、デキは良かったですし、瞬発力もある馬なのに、今日は残念でした」

7着 ショウナンバッハ(戸崎圭太騎手)
「前走から引き続き状態が良さそうです。差のないところまで来ているのですが、残念です」

8着 ヴィブロス(内田博幸騎手)
「今日はついて行けませんでした。早めに動こうと思っていましたが、久々の分なのか反応出来ませんでした。ただ、次につながる競馬はできました」

【備忘録】Mars Edit〜外部リンクの貼り方〜

Mars Editという、MAC専用のブログ投稿用アプリケーション。
特にWord Pressでブログを構築している場合には手放せない。

さて、このアプリで、本文に外部リンクを貼りたい場合、アップデート前は、投稿済みのリンク付き本文をコピペすれば、そのままリンク付きの文章となったのだが、アップデート後はそれが働かなくなってしまい困っていた。(投稿後に、Word Pressでリンクを貼るという、面倒くさい作業をしていた)

アップデート後、間も無いため、ネット上にも特に有効な情報が見当たらない。

ふとMars Editのツールバーを見ていたら、該当項目があったので、自分の備忘録として記録しておく。
もしかしたら、同様の件でお困りの方が居て、本ブログで解決してくれれば幸いだ。

 

アップデート後のMars Editで、投稿本文に外部リンクを貼る方法

1)リンク先のURLをコピー。
2)リンクを貼りたいMars Editの投稿本文をドラッグして選択。
3)ツールバーからFormat→Past Linkをクリック。

以上でOK!

 

追記)

なお、Mars Editのダウンロードは、App Store からではなく、専用サイトからの購入がお薦めです。

理由はアップデート時に、App Storeからの購入だと丸々新規購入になるのですが、専用サイトからの購入の場合は、アップデート分のみで済むからです。私は、App Storeからの購入だったので損をしてしまいました。

https://www.red-sweater.com/marsedit/

2018中山記念〜直前見解〜

中山記念で中心に考えたい5頭を以下の通りとした。

スクリーンショット 2018 02 24 15 42 28

☆渋った馬場になればマイネルハニーが狙い目だが、明日は雨が降るのか?降っても馬場に影響があるのか?実に微妙。

☆デムーロ騎乗のペルシアンナイトが圧倒的人気になりそうだが、狙いは大阪杯なのでは。過去5年で、1番人気で馬券になったのはドゥラメンテのみだ。果たしてこのデータは覆るのか否か。

☆逃げる逃げるマルターズアポジー。小回り1800が得意だし、この馬はずっと追いかけているのでここでも重い印を付ける予定。

☆同舞台のスプリングS・昨年勝ち馬のウインブライト。

☆冬の中山ならキンカメということで、サクラアンプルール。

◆ヴィブロスは、昨年4歳時に出走し、4番人気5着。ドバイターフでの勝ちこそあるものの、国内では牝馬相手での馬と見て軽視したい。

◆アエロリットも牝馬ということで軽視。過去5年で牝馬で馬券になったのは15年勝ち馬のヌーヴォレコルトのみだ。そこまでのスケールはこの馬には感じられない。

直前見解はここまで。

中山記念の最終血断は、日曜日配信のメルマガで。

【メルマガ】「伝説の有名馬券師の覆面予想 低価格! データに逆らえば馬券は取れる」

2017年秋競馬で的中連続の白猫師匠の予想を併せて読むことが出来ます!
月500円の低価格!

2018フェブラリーS〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜
本命は、ルメール騎乗のベストウォーリア。8歳馬だが、本レースは意外と高齢馬が走る。前走根岸Sの取り消しでケチが付いたが、逆に人気落ちしたところを狙い撃ち。昨年の2着馬を舐めてはいけない。対抗ムーアのゴールドドリーム。東京ダートのマイルはゴールドアリュールということで単穴にサンライズノヴァ。好走が続くテイエムジンソクを押さえ。

◎ベストウォーリア
◯ゴールドドリーム
▲サンライズノヴァ
△テイエムジンソク

スクリーンショット 2018 02 21 14 59 18

〜回顧〜

スクリーンショット 2018 02 21 14 59 31

高齢馬狙いならインカンテーションだったか。ノンコノユメ、前走は締まった馬場で末脚が生きたが、今回もハイペースが味方しキッチリ差してきた。ウチパク、久し振りのG1優勝おめでとう。ところで、夜帰宅してからレース映像を見てたわけだが、ウチのツレ(競馬は素人)がパドック映像を見ながら、「私だったら、この馬〜」と言いつつ指差したのが、なんとノンコノユメ!指名した理由は、「赤いメンコが可愛いから」だと!ムムム、やるな!

2018小倉大賞典〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

ここを使ってきたら買おうと思っていた、ダノンメジャー本命。昨年はマルターズアポジーの逃げに翻弄されたが、ウインガナドルが逃げるペースならきっちり番手から抜け出せるのではないか。相手はダッシングブレイズ1点。

◎ダノンメジャー
◯ダッシングブレイズ

スクリーンショット 2018 02 21 14 46 01

 

〜回顧〜

スクリーンショット 2018 02 21 14 46 16

レース映像、3〜4角でダノンメジャーの姿を追っていたのだが、いつの間に居なくなっていた。直線コースでも走っている白い帽子は1頭のみ。イヤな予感がしたが、やはり故障発生し予後不良となってしまった。実に残念です。合掌。

2018京都牝馬S〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

ソルヴェイグで決まりとも思えるが、ダイワメジャー牝馬は基本内回りが得意で外回りでは割引たい。Fレビュー勝ちの阪神1400、オパールS勝ちの京都1200はそれぞれ内回りコースでの成績。函館SSでの勝利もあるが、これもやはり小回りコース。が、実績上位と鞍上ミルコの手腕でキッチリ脚を使って最後まで持たせることもできるかもしれないので押さえまでとする。

ここはマツリダゴッホ産駒のアリンナで一攫千金を狙ってみようか。同条件で行われるファンタジーSでは、14年にマツリダゴッホ産駒のクールホタルビが最低人気で優勝しているし、アリンナ自身の京都成績も(3.1.0.2)と京都巧者。人気薄のディープのドカンを警戒し、サザナミを対抗。単穴も思い切ってエンジェルフェイス。押さえに人気どころの3頭、ソルヴェイグ、ワンスインナムーン、ミスパンテール。

◎アリンナ
◯サザナミ
▲エンジェルフェイス
△ソルヴェイグ
△ワンスインナムーン
△ミスパンテール

馬券は、◎の単複と◎から馬連・ワイド流し。

 

スクリーンショット 2018 02 21 14 38 10

〜回顧〜

スクリーンショット 2018 02 21 14 38 41

オーマイガッド。◎のアリンナは遥か後方のドンベ。3〜4コーナーで一瞬期待を持たせてくれただけでも楽しめましたよ。12着アリンナ・11着ソルヴェイグ・10着サザナミの「逆3連単」なら的中してたぞ。(笑)なんとオッズは220万馬券!

最終血断のソルヴェイグに関する記述は、メモに控えていたのだが、メルマガでは配信できませんでした。やっぱり「ダイワメジャー牝馬は内回りで買って、外回りでは消し」、と言うことで良さそう。それにしても負け過ぎの感はあったが。

2018ダイヤモンドS〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

ルーラーシップ産駒2頭のうち、レジェンドセラーを上位に取り上げる。掲示板を外した2走は共に中山でのレース。今回は府中コースで伸び伸びと走れる。鞍上がルメールから田辺に乗り替わったが、好調の田辺なら何ら問題ない。

フェイムゲームはトップハンデの58.5が微妙だが、8歳にして意気揚々。この馬はずーっと追いかけているので、ここで外したくないため対抗としておく。

単穴にもう一頭のルーラシップ産駒ホウオウドリーム。調教でも栗東の販路をビシッと駆け上っていて力強い。血統的には母メジロドーベル・その母父メジロライアンだからスタミナが補強されている。

押さえにプレストウィックとソールインパクト。

◎レジェンドセラー
◯フェイムゲーム
▲ホウオウドリーム
△プレストウィック
△ソールインパクト

馬券は、◎の単複と、◎と▲から馬連流し。

スクリーンショット 2018 02 21 14 13 49

〜回顧〜

スクリーンショット 2018 02 21 14 20 27

フェイムゲームが勝ってしまったが、これはまあ仕方ないか。それにしてもレジェンドセラーは4角を回って来た時にはそのまま抜け出すと思ったがズブいなあ。重賞ではまだ荷が重いようなので長距離オープンクラスで買うことにしますか。

2着リッジマンはスウェプトオーヴァーポート産駒ということで、全くの未警戒だった。うちのツレ(競馬は素人)がレース映像の最後の直線を見ながら一言。「何この人、面白い乗り方、激しい〜」。 武豊と同期の蛯名正義という騎手でね、彼が得意としている”エビダンス”って言うんだよ、と教えておきました。(笑)

2018ダイヤモンドS〜直前見解〜

東京芝2500m以上のレースにおける、過去10年間の種牡馬成績上位を調べたところ、以下のようになった。

スクリーンショット 2018 02 15 16 33 44

ハーツクライ産駒が強く4勝。ディープ産駒は1勝にとどまっている。府中コースは急坂とは言えないが直線に坂があり、そこを2度登る必要がある2500m以上のコースではやはりスタミナ値が要求される。2勝をあげているその他の馬も、ジャングルポケット・ゼンノロブロイ・マヤノトップガン・オペラハウスなど、ステイヤー血統が並ぶ。

今年の出走馬は、ハーツクライ産駒からは長距離重賞でお馴染みのフェイムゲーム、8歳馬。トニービン内包のルーラーシップ産駒からはレジェンドセラーとホウオウドリーム、共に4歳馬。血統傾向からの注目は以上の3頭。

あと気になる馬は、アルゼンチン共和国杯で2着があったソールインパクト、6歳馬。ダイワメジャー産駒では珍しく長距離を走るプレストウィック、7歳馬。

スクリーンショット 2018 02 16 11 29 48

以上の5頭が現時点での馬券候補。ダイヤモンドSの最終血断は、土曜日配信のメルマガで。

【メルマガ】「伝説の有名馬券師の覆面予想 低価格! データに逆らえば馬券は取れる」

2017年秋競馬で的中連続の白猫師匠の予想を併せて読むことが出来ます!
月500円の低価格!

京都牝馬Sの最終血断もメルマガにて配信します。

白猫師匠の快進撃がふたたび始まる!

白猫師匠の先週の予想は以下の通り。

京都記念、◎クリンチャー(4番人気)快勝!
単勝1,050円、馬連2,830円、3連単16,450円、的中!

共同通信杯、◎エイムアンドエイド(10番人気)3着!
複勝1,720円、的中!

菊花賞に続き、京都記念でも激走したクリンチャーを本命とし、
クリンチャー黒字が半端ないそうです。
こじまるは、今回クリンチャーを軽視したので実に悔しい・・・。

共同通信杯の本命エイムアンドエイドにもビックリ!
10番人気の馬だったが、3着に飛び込みました。
穴党のこじまるとしては、この馬は狙いたかった・・・。

ところがところが。こじまるも負けていませんよ!

クイーンC、◎フィニフティ(5番人気)2着!
複勝360円、馬連4,010円、的中!

どうだ!
1月の負け分は、白富士Sのマイネルハニーでほぼ回収し、
2月の負け分は、クイーンCのフィニフティで、回収できました。
2018年、そろそろ黒字に転換できそうです。

さて、今週末はダートG1のフェブラリーS含め、重賞競走が4鞍。
早目に検討しておかないと間に合わないな。
最近は、レース後の「最終血断と回顧」だけとなってしまったので、
久し振りに「直前見解」に取り組もうと思う。

と言うわけで、引き続き「こじまるの血統競馬」と、
【メルマガ】「伝説の有名馬券師の覆面予想 低価格! データに逆らえば馬券は取れる」
もよろしくお願いします。