2018シルクロードS〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

ミスプロ系か、米国スピード血統が圧倒的に強いレース。ミスプロ系のアルデバランⅡ産駒、ダンスディレクターが一昨年・昨年と連勝。昨年の2・3着馬もミスプロの流れを汲むフォーティナイナー系の馬だった。

京都1200は、向正面半ばからスタートし、100mほど走ったところから京都名物の坂を登っていき、3角半から降っていくというレイアウト。スタート直後の登り坂が影響して、ハイペースになることは多くない。スローからミドルペースで淀みなく進み、先行馬も残るが、軽いスピード血統の差し馬も届くといったイメージ。

本命はミスプロ系キングカメハメハ産駒のミッキーラブソングとした。キンカメ産駒は、母型の特徴の良い部分を引き出すことが多いが、この馬も例外ではない。母は2007年ヴィクトリアマイルを勝ったコイウタで、その父はフジキセキ。フジキセキ産駒の特徴は、一瞬のタイミングで馬群を割って出てくる、ギアチェンジ性能の高いこと。ミッキーラブソングも、前走のタンザナイトSで、アクティブミノルやラインスプリットが先行する中、もう届かないだろ、と思ったところから狭い馬群を割りグィッと伸びてきて鮮やかに差し切った。

アドマイヤムーン産駒の2頭を、対抗・単穴。上位に取ったのは最内枠、川田の乗るファインニードル。次いで松田のセイウンコウセイ。母父にミスプロ系シーキングザゴールドの血があるキングハートを押さえ。

ディープ産駒のアレスバローズにデムーロが乗り人気が集まっているが、6歳にして重賞初挑戦。前走は中山のハイペースを差し切った馬。京都1200とは適性が異なると見て、ぶった切る。

◎ミッキーラブソング
◯ファインニードル
▲セイウンコウセイ
△キングハート

馬券は◎の単複と、◎→各印へ馬連・ワイド。◎一頭軸マルチ3連単。
土曜日のマイネルハニーの馬券で潤ったので、少額だが、色々と馬券を買ってみたい。

 

スクリーンショット 2018 01 31 19 44 41

〜回顧〜

うーん、これは悔しい。まず、◯▲のタテ目を買わなかったこと。人気薄から入る際は、普段やっている、▲からも馬連を流すという作戦を今回は忘れていた。4・5番人気で馬連3,200円か。これは押さえておきたかった。

さらに悔しいのは、3着にフミノムーンが入り、なんとアドマイヤムーンのワンツースリーで決まったこと。素直に京都1200の実績ナンバーワンのアドマイヤムーン産駒狙いで良かったのか。フミノムーンが15番人気だったから、3連単は237,290円!血統予想を謳うブログ主催者としては、買いたい馬券だった・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。