2018白富士S〜最終血断と回顧〜

大雪と寒波の影響か、馬場の回復が遅れているようで、朝9時の段階で稍重発表。このままレースとなるなら、本命はマイネルハニー。この馬を買うなら重馬場か小回りコース。東京の直線はチト長いが、母父ブライアンズタイム系の底力で粘り込むと見た。

多くの馬が休み明け。ローテ的に残った馬で、スズカデヴィアスを対抗。1年振りにダートを使って叩いて来たリアファルを単穴。重実績もあるし、ゼンノロブロイ産駒は芝2000が主戦場。押さえにプラチナムバレット。9カ月振りだが地力上位と見て押さえた。

◎マイネルハニー
◯スズカデヴィアス
▲リアファル
△プラチナムバレット

馬券は◎の単勝と、◎から各印へ馬単。

スクリーンショット 2018 01 28 13 01 50

〜回顧〜

稍重の馬場も味方し、マイネルハニー快勝。

マツリダゴッホ産駒ではあるが、母父ブライアンズタイム系が強く出ている馬と見て、今後も追ってみたい。

ローテ的に軽視したプラチナムバレットは案の定4着。2番人気のテオドールは5着。ハービンジャー産駒も東京2000は合わないかと思って無印にしたが、7番人気のマイネルサージュが3着に入ったので、一概には言えなさそう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。