2018京都金杯〜最終血断と回顧〜

〜最終血断〜

本命はダノンメジャー。
内枠の先行馬が狙いだが、キッチリと先行できそうなのはこの馬かなと思い◎とした。前々に付けて粘り切った、小倉日経オープンの再現を期待したい。ハンデ56.5kgは見込まれた感もあるが、斤量57kgを何度も経験しているし問題は無い。
相手が絞れず、ここは単複のみで勝負する。

◎ダノンメジャー

スクリーンショット 2018 01 17 19 41 12

〜回顧〜

最終コーナーからいい感じで回ってきて3着はあるかと思ったのだが、踏ん張り切れなかった。距離は1800の方が合っている。小倉大賞典か中山記念で狙ってみよう。昨年の小倉大賞典では大敗したが、マルターズアポジーの出走もありハイペースに翻弄された感があった。気分良く先行出来れば、もっと走れる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。