2017有馬記念〜最終血断と回顧〜

〜こじまるの最終血断〜

直前見解からの続き。

ここ一番の大勝負では、最後の最後で踏ん張り切る底力が求められる。そのような血を探すと、まず気になるのは、サトノクラウン。血統表にサンデー系を持たない、現代日本競馬では異色の配合。父marjuの父はラストタイクーン。ラストタイクーン系の代表産駒と言えば、メイショウドトウが上げられる。テイエムオペラオーの2着を何度となく繰り返し、最終的には宝塚記念を勝った、あの馬。サトノクラウンも宝塚記念を勝っているし、有馬記念との連動性を考えて、この馬を本命としたい。

ジャパンカップでは乗り替わりによるゴタゴタがあったようだが、ムーアは何が何でもこの有馬を獲りにいくという覚悟であると見た。このような闘争心が日本のジョッキーには欠けているので、G1はみんな外人Jに持っていかれるのだ。競馬の世界は汚いものだが、その世界で勝ち切るには力が必要だということ。武豊のように、それを政治力として使うのも一つのやり方。「神の手」があれば何でも望みが叶うからね。

対抗には、ミッキクイーン。上記に挙げた候補には入っていないが、宝塚記念3着と昨年有馬記念5着があり、侮れない存在。母父ヌレイエフはサドラーズウェルズと近似の血統構成なので有馬では怖い。

単穴にはシャケトラ。宝塚記念では差し馬が殺到する中、4着に粘り込んでおり、小回りG1なら復活の目がある。血統的にも母父シングスピールでサドラー系なのが良い。福永じゃなかったら、◎もあったかも、という馬。

押さえには、上記に挙げた馬のうちから3頭をチョイス。
トーセンビクトリーは鞍上が中山職人の田辺。
サクラアンプルールも、マツリダゴッホの時を彷彿させるが如くエビショーが不気味。
ステイゴールド産駒はやはり切れないのでレインボーライン。
最後にこっそり、キタサンブラック。本当は買いたくないが、買わないと馬券が外れそうなので。(笑)

少し印が多くなるが、その代わりにハーツクライ産駒2頭をぶった切る。ハーツクライ産駒は直線が長く広いコースでこそ持ち味を発揮する。事実、中山のG1でのハーツクライ産駒の成績は(0.1.0.13)。馬券内に入ったのはウィンバリアシオンの有馬記念2着のみだ。血統的には来ないと読んでも、そこはデムーロの手綱次第で突っ込んで来そうな気もするが、そこまで馬券は増やせない。ジャパンカップでお世話になったが、シュヴァルグランも消し。

◎サトノクラウン
◯ミッキークイーン
▲シャケトラ
△トーセンビクトリー
△サクラアンプルール
△レインボーライン
△キタサンブラック

馬券は◎の単複と、◎と▲からの馬連流し。
勝負馬券は、サトノクラウンの単勝!

 

スクリーンショット 2017 12 26 17 29 51

〜回顧〜

キタサンブラックの、キタサンブラックによる、キタサンブラックのための、有馬記念。

当日は中山競馬場に居たが、レース後、周りのヤツらが「ユタカ、おめでとー」「サブちゃん、祭りだー」などと能天気に叫んでいたので、もうなんと言うか脱力感でいっぱい。

レースのリプレイも特に見直す気も起きず、内容の無い回顧ですみません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。