2017朝日杯フォーチュリティS〜直前見解〜

昨年の予想では、1400m実績馬に着目してモンドキャンノを本命とし、複勝を的中。(馬券は単複のみ)
今年も同様に、1400m成績をまず考慮したい。

まず筆頭は、京王杯2歳S(1400m)勝ちのタワーオブロンドン。
新馬・未勝利・オープンと3戦とも1400mを使って、それぞれ2・1・1着したのがダノンスマッシュ。
新馬戦・500万で1400mを2度勝っているのが、ムスコローソとヒシコスマーの2頭。

これまでの血統傾向はどうか。
阪神マイルに舞台が移ったのが2014年。その年の勝ち馬がダノンプラチナ。父ディープ×アンブライドルズソング(ミスプロ系)。2015年に勝ったのはリオンディーズ。父キングカメハメハ(ミスプロ系)×スペシャルウィーク。そして、その2着のエアスピネルもキンカメ×サンデーなので勝ち馬とほぼ同配合。サンデー系×ミスプロ系の組み合わせが本レースに強そうだ。

昨年の出走馬のうち、サンデー系×ミスプロ系はアメリカズカップとトーホウドミンゴだったが、それぞれ9着、15着と振るわなかった。1番人気はフランケル産駒のミスエルテ。牝馬での阪神FS制覇に臨んだが、4着と馬券外に沈んだ。それに対して、1〜3着はサンデー系種牡馬が独占。ミスエルテは血統表にサンデー系を持たない馬だが、ここがネックだったのではないか。

中山で行われていた時代は、ストームキャット系のアジアエクスプレスや、ローエングリン産駒(サドラー系)のロゴタイプ、シンボリクリスエス産駒(ロベルト系)のアルフレードなど、いかにも中山向きの血統の馬が好走したものだが、阪神外回りのマイルに変わってからはサンデー系の独壇場となり、いささか面白みに欠ける。過去3年の1〜3着馬の9頭のうち、5頭が父サンデー系で、3頭が母父サンデー系。残り1頭のシャドウアプローチも母母父はサンデー系を持っているという寡占状態。

それでは、先にあげた、1400mに実績のある馬の血統を見てみよう。

タワーオブロンドン
 父ゴーンウェスト系(その源流はミスプロ系)
 母父ミルリーフ系(その源流はナスルーラ系)

ダノンスマッシュ
 父ロードカナロア(その父キンカメ、ミスプロ系)
 母父ダンチヒ系(その源流ノーザンダンサー系)

ムスコローソ
 父ストームキャット系(その源流ノーザンダンサー系)
 母父アドマイヤムーン(その父エンドスウィープ、ミスプロ系)

ヒシコスマー
 父ブラックタイド(サンデー系)
 母父ヘクタープロテクター(ウッドマン系、ミスプロ系)

1400実績馬以外でサンデー系の産駒は、以下の4頭。
ダノンプレミアム(父ディープ)
フロンティア(父ダイワメジャー)
ケイアイノーテック(父ディープ×母父ミスプロ!)
カシアス(父キンシャサノキセキ)

母父サンデー系は以下の2頭。
ダブルシャープ(母父アグネスタキオン)
ケイティクレバー(母父ディープ)

と、ここまでの考察から、馬券候補は以下の6頭に絞りたい。

ダノンプレミアム
タワーオブロンドン
ケイアイノーテック
ヒシコスマー
ステルヴィオ
ダノンスマッシュ

 

「こじまるの最終血断」は、メルマガで!

『伝説の有名馬券師の覆面予想 低価格!データに逆らえば馬券は取れる』

 

スクリーンショット 2017 12 17 11 52 19

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。