2017チャンピオンズC〜最終血断と回顧〜

【こじまるの最終血断】

スクリーンショット 2017 12 02 14 08 27

フレンチデピュティ産駒のサウンドトゥルーが15年3着から16年優勝。その他、アスカノロマンやローマンレジェンド、サンビスタなど、血統表のどこかにヴァイスリージェント系を含む馬が活躍している本レース。その他の馬券対象の馬を見渡しても、ゴリゴリのダート血統というよりは、芝も走りそうな血が多く混じっている。過去3年のうち、3着内の馬の9頭中7頭が、父か母父にサンデー系が入っているのだ。

昨年のサウンドトゥルーは見事な末脚だった。今年も足抜けの良いダートになるかは分からないが、後ろからズドンと飛んでくる馬でも十分届くとみて、本命はキングズガードとした。

父シニスターミニスターは直近のダート重賞の成績がもっぱら良い。インカンテーションが武蔵野Sを勝ち、地方だが兵庫JG勝ちのハヤブサマカオー、浦和記念勝ちのマイネルバサラと、好調な血統に賭けてみたい。

昨年覇者のサウンドトゥルーを対抗。ゴールドアリュール×フレンチデピュティの配合が絶妙なゴールドドリームを、ほぼ◎に近い▲。クロフネ産駒もフレンチ系なので、テイエムジンソクを△。母系にヴァイスリージェント系を持つ、アポロケンタッキーと、カネヒキリ産駒のロンドンタウンも最後に押さえる。

◎キングズガード
○サウンドトゥルー
▲ゴールドドリーム
△テイエムジンソク
△アポロケンタッキー
△ロンドンタウン

馬券は◎の単複と◎と、

▲から各印へ馬連を流す。

【こじまるの回顧】

スクリーンショット 2017 12 04 22 27 18

週中の予想では、チャンピオンズCで成績の良い「サンデー系×ヴァイスリージェント系」を重視してゴールドドリームだったが、去年の様に末脚が決まる展開になると想定し、上がり最速を何度も計時しているキングズガードの方を本命とした。

が、「ゴールドドリームをほぼ◎に近い▲」としていたので、実は単複も買い足していて、単勝1,300円と複勝500円をGETした。複勝がこんなに付くなんてラッキー。メそして「◎と▲から馬連を流す」とも書いたので、馬連9−13、4,140円も見事に的中!押さえの馬券だったのでスカッとはしないが、それぞれ高配当なので良しとしたい。

土曜日も珍しく本命サイドのサトノクロニクルで単勝1点勝負し、見事に優勝!
ステイヤーズSは白猫師匠の名人技に感服しましたが、我が◎プロレタリアトも8番人気の中、4着の惜敗。この馬はまた中山の中長距離で狙いたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。