2017東京スポーツ杯2歳S〜予想〜

スクリーンショット 2017 11 18 14 01 27

年々出走馬が減る傾向にある東スポ杯2歳Sだが、とうとう今年は7頭立てとなってしまった。陣営が「これはワグネリアンには敵わない」と回避しているのだろうか。

血統的に注目は「ミスプロ系×サンデー系(その逆も含む)」の組み合わせ。近年で該当するのは以下の4頭。

フサイチアソート(07年9番人気1着、トワイニング×サンデーサイレンス)
ローズキングダム(09年1番人気1着、キングカメハメハ×サンデーサイレンス)
コディーノ(12年1番人気1着、キングカメハメハ×サンデーサイレンス)
インプロヴァイズ(12年7番人気3着、ウォーエンブレム×サンデーサイレンス)
クラリティシチー(13年5番人気3着、キングカメハメハ×スペシャルウィーク)
スワーヴリチャード(16年4番人気2着、ハーツクライ×アンブライダルズソングス)

去年の勝ち馬ブレスジャーニーも、父バトルプラン×母母父サンデーで大雑把な括りで言えばこの組み合わせと言える。

今年の出走馬からは以下。

コスモイグナーツ(エイシンフラッシュ×スペシャルウィーク)
ゴールドギア(ロードカナロア×ゼンノロブロイ)
ワグネリアン(ディープインパクト×キングカメハメハ)

付け加えるなら、父ダイワメジャーに母母父ミスプロ系のケワロス。

7頭立てなので、印は最低限に抑えたいが、さて印はどうするか。

「最終血断」は、メルマガ『伝説の有名馬券師の覆面予想 低価格!データに逆らえば馬券は取れる』で。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。