2017年デイリー杯2歳S

京都のマイル重賞は、まずディープインパクトとキングカメハメハ、それにダイワメジャーを買っておけば間違いない。

 

ディープ産駒からはケイアイノーテックとカツジ。前者の母父はゴーンウェスト系。ディープ×ゴーンウェストと言えば、菊花賞で激走したポポカテペトルと同じ配合。この馬もスタミナ溢れる馬なのだろうか。うーん、新馬戦だけでは良く分からないな。後者の母父はホワイトマズルでダンシングブレーヴ系。父がディープだからリファールの4×4クロス。母父もトニービンで、やや重厚過ぎる感がある。週末関西は雨の予想も一部あったようだが、どうやら天候は崩れそうにない。重馬場にでもなれば、特にカツジは狙いたかったが、ディープ産駒の印は控え目にしておく。

 

キングカメハメハ産駒は、前走未勝利勝ちのメガリージョン。このレース、新馬戦や2歳重賞を勝って出走してくる馬も勿論成績を残しているが、新馬戦敗退→未勝利を勝ち上がってくる馬の方が配当的な妙味がある。まあ、それでもデムーロ騎乗だから2番人気になってしまったが。

 

2歳重賞は仕上がりの早いダイワメジャー産駒が外せない。フロンティア。母父トニービンで、母母父はディクタス系のゴールデンサッシュ。言わずと知れたステイゴールドの母だ。これは血統的な魅力に満ちていますな。新馬戦→新潟2歳Sと連勝してきたこともあって、1番人気は当然と言えば当然か。内枠の岩田ということもあって、これは馬券内は間違いないように見える。

 

上記の4頭で決めようかと思ったが、ふと、ブラックタイド産駒が居たことに気づいた。ヒシコスマー。過去にこのレースではテイエムイナズマやタガノエスプレッソが勝ち名乗りをあげている。前走は、天皇賞秋の不良馬場だった日に後方からドタドタと追い込んできて勝った馬。中1週でのローテーションがどうかだが、ここは狙ってみるとするか。

 

◎ヒシコスマー

○メガリージョン

▲フロンティア

△ケイアイノーテック

△カツジ

 

スクリーンショット 2017 11 14 14 10 16

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする