2017菊花賞

不良馬場となりそうな菊花賞。重馬場ドンと来いの、父ディープスカイ狙いで、クリンチャーを本命。新馬戦では重馬場で大敗しているが、大外枠からの発走だったので参考外とする。母父も菊花賞に強いロベルト系を持ち、血統的には万全と見る。近年の菊花賞では、かつての傾向より、速いスピード血統が重視されるようになったが、今年の馬場では流石に重めの血が活きると判断。

対抗には、ハーツクライ×ロベルト系という重厚な血統のサトノクロニクル。単穴には、これも菊花賞に強い血統のステゴ産駒でウインガナドル。重馬場での勝ちもあるし、内枠の先行馬は怖い存在。押さえの一頭に、サドラーからガリレオの流れを組む、ニューアプローチ産駒のベストアプローチ。最後にディープ産駒だが、スタミナ感あふれるポポカテペトル。

デムーロの追い込みは届かないと見て消し。大外8枠に入ったアルアインも消す。

◎クリンチャー
◯サトノクロニクル
▲ウインガナドル
△ベストアプローチ
△ポポカテペトル

馬券は◎の単複と、◎と▲からの馬連流し。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。