2017サウジアラビアRC

水はけの良い東京コースとは言え、流石に今日の天気なら良馬場までの回復は見込めないと見ている。馬鹿の一つ覚えと言われそうだが、サドラーズウェルズ持ちの馬をまずは取り上げたい。

母父でコスモインザハートとカーボナード、母母父ではエングローサーとハクサンフエロがサドラー持ちに該当。それぞれ順に父は、ハーツクライ・ディープ・トランセンド・シルポート。

いよいよシルポート産駒が走ることとなった。シルポート、好きだったんですよねえ。スローペースのレースが多い中、この馬が出るとハイペースでガンガン飛ばしてくれてレースが引き締まったものだ。あえなく馬群に沈むことも多かったが、まさかの逃げ残りをすることも多く、馬券を買っていても買っていなくてもレースを見ているとハラハラしたものだった。

さて、そのシルポート産駒のハクサンフエロ、やはり逃げ馬の脚質。開幕週の重馬場で逃げ馬、しかもサドラー持ちなら、ここは本命でしょう。鞍上の石橋脩と言えば、天皇賞・春でのビートブラックでの大逃げが思い出される。

対抗には、上記の候補馬以外から、ルメールが乗るステルヴィオ。こちらも新種牡馬のロードカナロア産駒。1600・1800と連勝してきているので、父ほど短距離に特化しているようでもない。

単穴にはコスモインザハート。父ハーツクライだから東京は合いそうだし、重も歓迎。押さえにはディープ産駒の2頭でカーボナードとダノンプレミアム。

◎ハクサンフエロ
○ステルヴィオ
▲コスモインザハート
△カーボナード
△ダノンプレミアム

馬券は◎の単複と、◎と▲からの馬連流し。

スクリーンショット 2017 10 17 14 25 29

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。