2017オールカマー

中山非根幹レースと言えば、まずステイゴールド産駒を買っていれば良かったのだが、ここのところ影響力が弱くなったような気がする。その一方で以前から強かったロベルト系は未だに馬券に絡むことが多い。

ステイゴールド産駒としては、マイネルミラノとツクバアズマオーの2頭が出走しているが、ここは母父ステイゴールドのブラックバゴの方を本命として取り上げたい。3歳時は京成杯2着など、クラシックトライアルで善戦していた馬。格下げとなったが今年に入ってからの中山・函館ではきっちり勝ち上がっている。函館コースは中山と連動性があることを強調しておきたい。父はバゴ。大系統ナスルーラからレッドゴッド系・ブラッシングルーム系へと続く流れを持つ種牡馬だ。ブラッシングルームは、テイエムオペラオーやマヤノトップガンの母父となっていて、バゴ自身が凱旋門賞馬。ブラッシングルーム系の特徴としては「スタミナに長け、競走馬能力全体を底上げする」とイメージしておく。

印の残りを、母父ロベルト系に回す。対抗にはディープ×ブライアンズタイムのモンドインテロ。単穴にハーツ×シンボリクリスエスのカフジプリンス。押さえに大穴だがジャングルポケット×ブライアンズタイムのパリカラノテガミ。

◎ブラックバゴ
○モンドインテロ
▲カフジプリンス
△パリカラノテガミ

 

スクリーンショット 2017 10 17 14 16 21

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。