2017紫苑S

前走で、中山・福島・函館の条件戦で勝ち上がった馬を中心視する。本命はポールヴァンドル。はい、今週もダイワメジャー産駒です。2000は長いかもしれないが、母父がヌレイエフなので長距離もこなすと見ている。対抗は、前走ポールヴァンドルの2着だったカリビアンゴールド。ステイゴールドの中山2000なので軽視できない。ただし鞍上がカツハル。頭は無さそうか。

単穴にはルヴォアール。中山2000を連勝してきている馬。重賞になる前の紫苑Sではグレイソヴリン系が幅を利かせていたので、ハーツクライ産駒のこの馬も要注意だ。押さえの一頭にまずはディアドラ。桜花賞6着、オークス4着の実績馬。そのいずれも上がり最速を計時。ただしハービンジャー産駒の人気馬は、人気より着順を落とすことが多いので重い印は避けた。最後にガジュマルを抜擢。4戦目にしてようやく勝ち上がった馬だがヴィクトワールピサ産駒は中山に合うと見た。内枠に入った北村というのも意外と油断できない。

◎ポールヴァンドル
○カリビアンゴールド
▲ルヴォアール
△ディアドラ
△ガジュマル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする