2017セントウルS

スプリント血統、ダート向き米国型スピード血統の馬を中心視する。今年はサクラバクシンオー産駒やストームキャット系が出走していないので、まず目に付くのは、ダンチヒ系のメラグラーナ。ミスプロ系からは、アドマイヤムーン産駒のファインニードル、アルデラバン2産駒のダンスディレクター、マイネルラヴ産駒のラヴァーズポイントといったところか。

本命は、上記で挙げた馬の中からラヴァーズポイントを抜擢。昨年の3着馬だが妙に人気が無い。前走の北九州記念では10着だったが、巻き返しに期待したい。

対抗はデムーロのファインニードル。単穴に戸崎が遠征してきたメラグラーナ。押さえにアイビスSD2着のフィドーシア。ダンスディレクターは久々がどうかという感じなので消す。アイビスSDで本命的中したラインミーティアは、ここは適正に欠けると判断し消し。

◎ラヴァーズポイント
○ファインニードル
▲メラグナーナ
△フィドーシア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする