2017セントウルS

スプリント血統、ダート向き米国型スピード血統の馬を中心視する。今年はサクラバクシンオー産駒やストームキャット系が出走していないので、まず目に付くのは、ダンチヒ系のメラグラーナ。ミスプロ系からは、アドマイヤムーン産駒のファインニードル、アルデラバン2産駒のダンスディレクター、マイネルラヴ産駒のラヴァーズポイントといったところか。

本命は、上記で挙げた馬の中からラヴァーズポイントを抜擢。昨年の3着馬だが妙に人気が無い。前走の北九州記念では10着だったが、巻き返しに期待したい。

対抗はデムーロのファインニードル。単穴に戸崎が遠征してきたメラグラーナ。押さえにアイビスSD2着のフィドーシア。ダンスディレクターは久々がどうかという感じなので消す。アイビスSDで本命的中したラインミーティアは、ここは適正に欠けると判断し消し。

◎ラヴァーズポイント
○ファインニードル
▲メラグナーナ
△フィドーシア

2017京王杯AH

前走、関屋記念を勝ったマルターズアポジーが中3週で出走してきた。GⅢ3勝馬だが、ここでも1番人気は重賞未勝利のグランシルクに譲りそう。マルターズアポジーは好きな馬だが、今回はトップハンデ58kgだし本命からは外したい。ただし、大柄の馬なので苦にはしないかもしれない。デムーロと戸崎は西に行っていて、メンツ的にやや微妙な感もあるが、前走重賞を勝っている馬をそう簡単に逃げ切らせてはいけないと思う。

マイルCで本命にしたボンセルヴィーソが内枠に入った。ダイワメジャー産駒らしく、ガリガリ先行して粘り切る競馬が得意な馬。マルターズとこの2頭のやり合いでどこまでペースが上がるのか、上がらないのか。ここはハイペースになると見て、本命は後方から飛んでくるウキヨノカゼとした。父オンファイアはディープの全兄。14年の改修以降、外差しが決まるようになった中山コース。15年 AHのフラアンジェリコのように豪快な差しを決めて欲しい。鞍上も横典なので、思い切って後方待機にかける競馬に期待がかかる。

印は、前出のマルターズアポジー、グランシルク、ボンセルヴィーソと回し、やはり中山ということでロベルト系タニノギムレット産駒のブラックスピネルを最後の押さえ。

◎ウキヨノカゼ
○マルターズアポジー
▲グランシルク
△ボンセルヴィーソ
△ブラックスピネル

2017紫苑S

前走で、中山・福島・函館の条件戦で勝ち上がった馬を中心視する。本命はポールヴァンドル。はい、今週もダイワメジャー産駒です。2000は長いかもしれないが、母父がヌレイエフなので長距離もこなすと見ている。対抗は、前走ポールヴァンドルの2着だったカリビアンゴールド。ステイゴールドの中山2000なので軽視できない。ただし鞍上がカツハル。頭は無さそうか。

単穴にはルヴォアール。中山2000を連勝してきている馬。重賞になる前の紫苑Sではグレイソヴリン系が幅を利かせていたので、ハーツクライ産駒のこの馬も要注意だ。押さえの一頭にまずはディアドラ。桜花賞6着、オークス4着の実績馬。そのいずれも上がり最速を計時。ただしハービンジャー産駒の人気馬は、人気より着順を落とすことが多いので重い印は避けた。最後にガジュマルを抜擢。4戦目にしてようやく勝ち上がった馬だがヴィクトワールピサ産駒は中山に合うと見た。内枠に入った北村というのも意外と油断できない。

◎ポールヴァンドル
○カリビアンゴールド
▲ルヴォアール
△ディアドラ
△ガジュマル

2017小倉2歳S

前走をハイペースで勝った馬からタイム1分8秒台の馬を候補に挙げ、その中でスピード型の種牡馬を選ぶ。更にそこから上がり最速を使った馬に絞り込み、本命は父ストームキャット系のアサクサゲンキ。逃げる馬が多そうなので、大外枠に入った武は今回は無理せずに後方から進み、最後に飛んでくると見た。他の印も前走ハイペース組からチョイス。

◎アサクサゲンキ
○バーニングペスカ
▲ヴァイザー
△ペイシャルアス

2017新潟記念

ディープ産駒の独壇場となっている新潟記念だが、穴を開けるのは欧州血統。父オペラハウスのファントムライトや、母父シングスピールのコスモネモシンが馬券に絡んでいる。父メイショウサムソンのルミナスウォリアーを本命。前走重賞勝ちだが、この手の種牡馬の産駒は何度勝っても決して一番人気にはならないから、ここでも狙える。他の印もトニービン持ちの馬に回し、対抗はデムーロ。

◎ルミナスウォリアー
○アストラエムブレム
▲カフジプリンス
△ハッピーモーメント
△シャドウウィザード

(後記)
母父シングスピールのタツゴウケキに印を回さないという体たらく。