2017札幌2歳S

キーンランドCでは、好きな馬として挙げた2頭がワンツーを決め、
悶絶。ダイワメジャー産駒は取捨が難しいです。(笑)
さて、札幌1800は内枠が有利。今年のクイーンSも2枠→1枠→4枠で
決まり、大外枠の1番人気が掲示板から外れた。種牡馬としては
ディープで断然だが出走無し。ならば洋芝適正があると思う、ザ・
ヨーロピアン種牡馬のハービンジャー産駒を狙う。

本命はカレンシリエージョ。
前走の未勝利戦では、重馬場の中、後続を寄せ付けない圧勝。鞍上
も池添で不安無し。
対抗は最内のシスターフラッグ。父ルーラーシップ。その父キング
ハメハメハの後継種牡馬となれるか、期待がかかる。
単穴には、ついに出てきたオルフェーブル産駒の2頭のうち、◎の2
着馬のクリノクーリング。押さえに、もう一頭のオルフェ産駒で
ロックディスタウン。最後の押さえに大外だが、不気味な蛯名の
ファストアプローチ。

◎カレンシリエージョ
◯シスターフラッグ
▲クリノクーリング
△ロックディスタウン
△ファストアプローチ
このまま単勝が7倍以上付くなら、ドカンと◎の単複勝負!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。