2017関屋記念

関屋記念の有力血統をざっと俯瞰すると、ボールドルーラー、ストームバード、ダンチヒ、ニジンスキー辺りが目に付く。

その筆頭、ボールドルーラーの血統特徴を一言でまとめると、持続力の権化。。早逝したアグネスタキオンが母父にボールドルーラー系を持っていたが、キャプテントゥーレやダイワスカーレットのように、前に行ってバテずに最後まで粘りこむ競馬が得意な馬が多い。関屋記念では2015年に、直系のレッドアリオンが勝ち、母父系ボールドルーラーのマジェスティハーツが2着に入った。

アグネスタキオンに代わる、ボールドルーラー持ち種牡馬としてマツリダゴッホを取り上げたい。今年は同産駒が二頭出走。一頭は人気サイドのロードクエスト。そして同枠にもマイネルハニー。前者は新潟2歳Sの勝ち馬で、3歳時に京成杯AHも勝っていて、当然有力だが、ここは期待値も考慮し、後者のマイネルハニーを本命に抜擢する。

展開的には、差しも決まるが、人気薄の先行馬も侮れない。そして、外枠有利。大箱と思われがちな新潟コースだが、実は幅員が狭く、3~4コーナーはJRA全場でも屈指のキツめの角度だったりする。内の馬が包まれやすくなるのに比べ、外目の枠の方が自由に動ける。

本命にマイネルハニーで、単穴にロードクエスト。デムーロ騎乗で2戦2勝のメートルダールを対抗とする。2年連続で馬券になっている、ダンチヒ系のヤングマンパワーを押え。ストームバード×ボールドルーラーの逃げ馬マルターズアポジーも最後に印を回す。

◎マイネルハニー
○メートルダール
▲ロードクエスト
△ヤングマンパワー
△マルターズアポジー

(後記)

好きな逃げ馬マルターズアポジーが逃げ切った。
ストームバード×ボールドルーラーと、新潟はコーナーが急なのだから、福島の小回り適性がここで生きると見れば、全然買える単勝馬券だった。悔しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする