2017札幌記念

ディープ産駒にモレイラが乗ってくるので、素直にマウントロブソンを本命としたい。血統的に一番怖いのは、ネオユニヴァース産駒のサウンズオブアース。母父も長距離血統のディキシーランドバンド。洋芝の札幌2000は長距離適性が求められる舞台だ。堅実なヤマカツエースとルメールのエアスピネルも当然、有力。前々に行ったまま残りそうなマイネルミラノにも印を付ける。

◎マウントロブソン
○ヤマカツエース
▲サウンズオブアース
△エアスピネル
△マイネルミラノ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする