2017クイーンS

本命は、ゼンノロブロイ産駒のシャルール。近走の成績は芳しくないが、れっきとした昨年の1番人気2着馬。新馬戦を勝ったのも、この札幌芝1800の舞台。また、ゼンノロブロイ産駒は過去にコスモネモシンやアニメイトバイオ、ラブフールなどが馬券に絡んでいる。鞍上も札幌を得意としている四位。スタートから1コーナーまでの直線が180mと短いコースなので、内枠に入ったのも歓迎材料。

対抗に隣の2枠2番のアエロリット。内枠の横山典弘には常に警戒が必要。G1勝ち馬だが3歳なので斤量52kgで出れるのも有利。
単穴にザ・ヨーロピアン種牡馬=ハービンジャー産駒のヤマカツグレース。新馬戦勝ちが札幌1500。こちらも3歳なので51kgなのが強み。
押さえは2頭。洋芝得意のマンハッタンカフェ産駒のクインズミラーグロと、器用な競馬が出来るキンカメ産駒のマキシマムドパリ。

◎シャルール
○アエロリット
▲ヤマカツグレース
△クインズミラーグロ
△マキシマムドパリ

馬券は、◎の単複と、◎と▲から各印へ馬連を流す。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。