2017ラジオNIKKEI賞

福島と中山の連動性を考えて、中山好成績の馬を中心にチョイス。


本命はニシノアップルパイ。レイデオロが勝ったホープフルSでは逃げて力尽き、続く東京でも同様。中山に替わったら番手から突き抜けた。そして東京に戻ったプリンシバルSでは5着に終わる。ただし1着との着差はコンマ6秒。あまり速い上がりが使えない馬だが、開幕週の福島はこういう馬が一番怖い。しかも内枠に入ったここは勝機も十分にある。調教師が中舘か。コイツも福島が得意だったな。父リーチザクラウンと言えばキョウヘイが思いつくが、まだ産駒の特徴が良くわからないので、ニシノアップルパイで研究してみたい。

 

対抗に、中山重賞で2着3着があるマイネルスフェーン。父も中山の申し子ステイゴールド。ホープフルSをどう評価するかが微妙だが、ダービー馬に2着しているのは事実。

 

単穴に牝馬だがライジングリーズン。中山は重賞含め3戦3勝。差し損ねも十分有りそうで本命には出来なかったが、馬券内はあるのでは。

 

押さえにディープ産駒のクリアザトラック。デムーロが乗っていたから走っていたに過ぎないのかもしれないが、北村も案外に先行してそのまま粘りこむ競馬が上手なこともあるので、印は押さえておく。ディープ×フレンチの絶妙血統だしね。

 

川田が乗りに来るサトノクロニクルに人気があるようだが、ハーツクライの1番人気なんて怖くて買えない。

 

◎ニシノアップルパイ

○マイネルスフェーン

▲ライジングリーズン

△クリアザトラック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。