2017CBC賞

中京改修後の本レース1~3着の父系・母父系をざっと見渡すと、かなり大雑把な見方ではあるが、ミスプロ系とグレイソヴリン系持ちの馬が多いように思える。

 

本命はトウショウドラフタ。この馬は母父ミスプロ系で、父がサンデー系のアンライバルド。ミスプロ・グレイソヴリンに注目はしたが、やはりサンデー系の瞬発力も欲しい。前走の京王杯でも速い上がりを使えており、立ち回りひとつで、十分差しが届く。

 

対抗はラインスプリット。父スウェプトオーヴァーポートは、昨年の勝ち馬レッドファルクスと同じ。母父もトニービンなので、当初は本命の予定だったが、鞍上の森一馬を割り引いて印を落とした。

 

単穴に、父ミスプロのトワイニングと、母父サンデーで、セカンドテーブルを抜擢。

押さえに、こちらもミスプロ×グレイソヴリンでラヴァーズポイント。随分人気が無いようだが、れっきとした昨年の2着馬だ。

 

一番人気のメラグラーナは、父ダンチヒ系の成績が思わしくないので、バッサリ切った。アタマに横典を置いて、7~8年目の準若手が乗る人気薄に流す馬券となるが、当たれば勿論、カスっても高配当が期待できそうなので、馬連の他にワイドも購入する予定。

 

◎トウショウドラフタ

○ラインスプリット

▲セカンドテーブル

△ラヴァーズポイント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。