2017ヴィクトリアマイル

東京マイルG1は、馬力とスピードを兼ね備える先行馬が押し切るのを常に注意したい。2015年のミナレットとケイアイエレガントがその例。その一方で、最後の直線でごった返したところを一瞬の反応の良さで抜け出してくる器用な馬にも注目したい。小回り適正の高いフジキセキ産駒の成績が良く、ストレイトガールは連覇を果たしている。

後者に焦点を当て、本命はステイゴールド産駒のアドマイヤリードとした。クラッシック戦線でも戦った馬だが、成績は残せず。しかし今年になってからポンポンと勝ち上がり、前走G2阪神牝馬Sでは、ミッキークイーンには差されたものの、4コーナーからの素早く抜け出す反応の良さを見せた。古馬になってからの成長力に長けているのがステイゴールド産駒の魅力。調教にルメールが乗りに来ていて、必勝体勢と見る。

対抗には、マイルCでも重要視したダイワメジャー産駒ということでソルヴェイグ。牡馬混合戦で戦って来た経験がここで花咲いておかしくない。

単穴に、母父デピュティミニスターを持つルージュバック。東京マイルでは、この血統は外せない。

押さえにデムーロ騎乗のクイーンズリンクと、去年の2着馬ミッキークイーン。

◎アドマイヤリード

ソルヴェイグ

ルージュバック

△クイーンズリンク

△ミッキークイーン

馬券は◎の単複中心で、◎から馬連。◎マルチの3連単を少額買ってみる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。