2017皐月賞

本命は、ヴィクトワールピサ産駒のアウトライアーズ。改修後の中山芝2000の成績を調べたところ、勝ち鞍ではディープが一位だが、勝率ではヴィクトワールピサ産駒が上位というデータが出た。父と、その父のネオユニヴァースも皐月賞馬で、この馬が勝てば三代制覇の快挙だ。加えて、鞍上も中山得意の田辺。厩舎もG1の勝ち方を、知っている池江厩舎。さらには近年の皐月賞を席巻しているノーザンファーム生産馬。

 

対抗はペルシアンナイト。マイルから1800までしか使っていないのが気になるので本命にしなかったが、そこはデムーロの手綱でどうとでもなる。

 

単穴にアルアイン。ディープ産駒でノーザンファーム生産馬というだけで当初は◎も考えたが、やはり鞍上が…。

 

押さえに、ステイゴールド産駒のウインブライト。久々だが中山2000が3勝のレイデオロ。本当は消したいところだが、JRAの手心が加えられてるファンディーナを最後に押さえる。

 

◎アウトライアーズ

○ペルシアンナイト

▲アルアイン

△ウインブライト

△レイデオロ

△ファンディーナ

 

勝負馬券は◎の単勝。

◎と○から各印へ馬連を流す。

 

(後記)

うーん、これは悔しい。◎候補で▲へ変更したアルアインが勝ってしまった。騎手のことより、種牡馬や厩舎力・生産牧場を重視すべきだったか。差し馬が台頭した毎日杯を、先行して押し切ったのも評価できる内容だった。

 

かろうじて○▲の馬連80倍をゲットし、久々の馬券的中だが、なんだかモヤモヤするのだった。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。