2017桜花賞

どうしても、藤沢厩舎の関東馬が桜花賞を勝つのがイメージ出来ない。とは言え、重馬場となったし、そこは父サドラーズウェルズ系なのだから圧勝してもおかしくはないが、ここは対抗までとする。

 

本命は、デムーロ騎乗のアドマイヤミヤビ。ハーツクライ産駒は、ヌーヴォレコルトの3着がある位だが、母系を辿ると、ディープの母ウインドインハーヘアがいる。やや、スタミナより過ぎて、オークス向きの様な気もするが、重の桜花賞ならこれでもいいかも。調教チェックはあまりしないのだが、勢い良く坂路を駆け上る様子を見て、さらに自信を深めた。ミルコは、「絶対勝てる」とも豪語してるらしい。本当か?単勝5倍付くなら美味しいぞ!

 

単穴に、唯一のディープ産駒、カワキタエンカ。人気薄のディープ産駒は常に警戒が必要だ。

 

押さえにカラクレナイ。サドラー系のローエングリン産駒に加えて、重馬場得意のアグネスタキオンが母父だ。

 

◎アドマイヤミヤビ

ソウルスターリング

カワキタエンカ

△カラクレナイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。