2017大阪杯

大阪杯。

本命はマルターズアポジー!

次回、中山の重賞で狙うつもりだったが、ダービー卿CTではなく大阪杯の方を選択するとは思ってもいなかった。ここは相手が強敵揃いだが、十分勝負になると見ている。

 

まず、前走のハイペースラップをキッチリと逃げ切ったことが評価できる。先行したロードヴァンドールは、次走のG2金鯱賞で2着。決してレベルの低いレースでは無かったと思う。他にも、負かした馬は、グランシルクやマイネルハニー、ヒストリカル、ゼーヴィントなどの実績馬が多数。

 

阪神の外回りなら違ったかもしれないが、内回り2000なら展開次第で、まんまと一人旅が決まっておかしくない。

 

血統的な強みとしては、ストームキャット×APインディという、バリバリの米国スピード血統のクロスに加え、母父系がロベルト系で底力を強化しているところ。

 

最後の最後まで粘り込んで、逃げ切ってくれ!

 

◎マルターズアポジー

サトノクラウン

マカヒキ

△アンビシャス

△ステファノス

△キタサンブラック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。