2017ダービー

皐月賞の分析から。勝ったのはディープ産駒のアルアイン。ディープ産駒の特徴を掴むには、まず母父系統を見る。そして、これまでのレースで上がり最速を計時したことがあるか、また、連対時の上がり時計はどうなのかを見る。母父はAPインディー系のダート血統。上がり最速は、京都の新馬戦で1度あったのみ。その数字も35.1と京都コースとしては断然に遅い。毎日杯優勝時の上がりは34.3。同じディープ産駒のサトノアーサーは33.3だから1秒も遅い。皐月賞は34.2の上がりを見せているので、全くズブいというわけではないが、キレッキレの瞬発力を持ったディープ産駒とは言えない。

 

2着に入ったぺルシアンナイトは、上がり最速の計時が4度はあるものの、ハービンジャー産駒という重厚なヨーロピアン血統。3着にはルーラーシップ産駒のダンビュライトが粘り込んだが、この馬もそれほど速い上がりを使える馬ではない。

 

それに対して、皐月賞で上がり最速をマークしたのは2歳チャンプのサトノアレス。父ディープに母父ダンチヒというスピード血統。ディープ産駒で他に出走していたカデナと牝馬のファンディーナは、それぞれ母父がフレンチデピュティとヌレイエフというスピードを兼ね備えた血統だが、良馬とも人気を裏切り掲示板外に沈んだ。

 

皐月賞というレースは、本質的にキレキレの瞬発力は必要としないレースで、持久力勝負の消耗戦になることが多く、今年もその傾向に当てはまったと思う。それに対して、ダービーはどうか。大概はスローの瞬発力勝負で決まることが多く、持久力はそれほど重要視されない。

 

ワンアンドオンリーの例が顕著だ。皐月賞で上がり最速だったが届かずの4着。ダービーでは好位からズバッと抜け出して優勝。父はハーツクライでステイヤーだとしても、母父にタイキシャトルというスピード血統がしっかり入っている。血統的にも、父はステイヤーのハーツクライだが、母父にタイキシャトルがしっかり入っていて、スピードを補完している。

 

ロゴタイプも皐月賞では勝てたが、ダービーは勝てなかった。サドラー系ローエングリン産駒では、血統が重厚過ぎる。その年に勝ったのはキズナ。父ディープに母父ストームキャットという、軽いスピード血統。同じくディーマジェスティも、母父にブライアンズタイム、母母系にサドラー系とスタミナ色の濃い血統だった。皐月賞で激走したが、ダービーは3着までだった。

 

そう考えると皐月賞・ダービーを連覇するという馬は、相当に総合力の高い馬ということだ。オルフェーブル、ドゥラメンテがそうだったように。

 

が、今年の勝ち馬にはそこまでの大物感は感じられない。やはり、皐月賞では届かなかった、スピード血統馬に照準を合わせたい。

 

やはり、東京2400G1はディープを買いたい。

 

本命はカデナ。父ディープ×母父フレンチデピュティはマカヒキと同じ。弥生賞までは常に上がり最速をマークしており、そのうち3度は33秒台。皐月賞では調整過程が通常ルーティンとは異なっていたとも聞く。もし皐月賞で好走していたらダービーでも人気していたはず。人気を背負っての福永祐一はなんとも手を出しづらいが、6~7番人気であればプレッシャーも少なく乗れると思うので、のびのびした騎乗が期待できる。キングヘイローで臨んだ初ダービーの時に、実は単勝馬券を買っていた。それから約20年。そろそろダービージョッキーの称号が与えられて良い頃だろう。

 

対抗にアドミラブル。こちらも速い上がりを繰り出せるディープ産駒。母父にはロベルト系のシンボリクリスエス。スピードというよりはスタミナ・持久力系の種牡馬だ。これが枷となるか功を奏すか微妙なところだが、これまでの走りを見る限り全く問題は無さそう。

 

単穴にはサトノアーサー。これも父ディープで、母父リダツチョイスはダンチヒ系の種牡馬だ。毎日杯からの参戦だが、皐月賞好走組にはレースの反動があることも考えられるので、むしろこっちのローテの方が恐いかも。

 

押えにスワーブリチャード。こちらも速い上がりが使える一頭。皐月賞からの巻き返しが有りうる。皐月賞1~3着馬も最後に押えておく。ダンビュライトは3着固定。大物感が感じられないレイデオロは思い切って消し。

 

◎カデナ

アドミラブル

サトノアーサー

△スワーブリチャード

△アルアイン

△ペルシアンナイト

×ダンビュウライト

 

勝負馬券は◎の単複。

→○▲△へ馬連、○▲のタテ目も。

三連単は1・2着に◎・を置いて 、3着に×を加えたフォーメーション。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。