2017AJCC

人気だが、本命はゼーヴィント。

 

冬の中山に滅法強いロベルト系が母父で、父はディープ。中山2200の実績としては、セントライト記念でディーマジェスティにタイム差無しの2着がある。小回りの福島で重賞勝ちや2着もあるので、ここは間違いないと思うのだが。

 

ドリームジャーニー産駒のミライヘノツバサも中山2200を3勝しており、当然ここでも有力。

 

ゼーヴィントの単勝と、ミライヘノツバサとの馬連1点で勝負!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。