2017金鯱賞

ディープ産駒、トニービン保持の馬に注目し、本命はサトノノブレス。中京コースが得意で、なんと3着以内100%だ。対抗は、有馬記念4着のヤマカツエース。この馬も中京巧者だ。単穴ルージュバック。天皇賞・秋とジャパンカップで大勝負して失敗した。大敗の後の牝馬の巻き返しは無さそうだが、このメンバーなら通用するか。押さえにトニービン狙いで、大穴のナスノセイカン。

 

◎サトノノブレス

ヤマカツエース

ルージュバック

△ナスノセイカン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。