2017日経新春杯

ハーツクライ産駒で行くか、逃げ馬で行くか、実に悩ましい。本命候補は、カフジプリンス、ヤマカツライデン。前者は母父に、後者は父にシンボリクリスエス。ロベルト系のスタミナと底力が威力を発揮しそうなこのレース。そして4歳馬が優勢そうだし、馬場的にはヤマカツの逃げ切りもありそうだし…。

 

最初的に、人気が落ちた方を買ってみようかと思う。

 

◎カフジプリンス

◎ヤマカツライデン

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。