2017フラワーC

タフネスな血統が生きるレース。ロベルト系持ちを探して、本命はブライトムーン。厩舎コメントでも調子が良さそうだし、鞍上に田辺を配して、ここは必勝体制か。相手に、これもロベルト保持のトーホウアイレス。鞍上も中山得意の蛯名。それぞれ人気薄だし、最近全然当たってないので、二頭の単複と馬連を小額だけ買う。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。