2017オークス

オークス。血統的には、ヌレイエフ持ちの馬が何頭も馬券に絡んでいるのが特徴。母父系に同馬を持っていたのが、ヌーヴォレコルトとミッキクイーン、ピュアブリーゼ。そして母母父系にも目をやると、ヴィルシーナとデニムアンドルビーが該当。今年の出走馬ではハローユニコーンのみヌレイエフを持つ。そして父ハーツクライ×ヌレイエフ系という組み合わせはヌーヴォレコルトと同じ血統構成だ。3歳クラシック時は、血統はそれほど影響しないという見方もあるが、東京2400の舞台で、ハーツクライの血が有利に働くことはあってもマイナス要素とはならない。

 

また、オークスは基本、先行馬よりは後方からの差し馬が有利。特に、近2走で速い上がりをマークしている馬が狙い目。ハローユニコーンはここでも条件をクリア。現在10番人気だが、この馬を本命としたい。

 

前走は忘れな草賞。近年ではミッキークイーンやエリンコートがここをステップにオークスを制覇しているが、過去に忘れな草賞からオークスを勝った馬として思い出深いのがエリモエクセル。確か競馬を始めた2年目だったと思う。単複馬券を握りしめていて、喝采を上げたのも遠い昔の話。ハローユニコーンは、奇しくもエリモエクセルと同じ3枠6番に入った。当時の実況「真ん中から赤い帽子が突っ込んで来たあー」が再現されるのを期待したい。

 

対抗に、同じハーツクライ産駒のアドマイヤミヤビ。桜花賞からの巻き返しなるか。単穴にヤマカツグレース。先に、差し馬有利と書いたが、ピュアブリーゼのように先行馬の粘り込みが無いわけではない。鞍上の横典が思い切った先行策に出れば怖い存在。押さえに、これもハーツクライ産駒でリスグラシュー。前走と同じく1番枠に入ったモズカッチャン。最後にソウルスターリング。

 

◎ハローユニコーン

○アドマイヤミヤビ

▲ヤマカツグレース

△リスグラシュー

△モズカッチャン

△ソウルスターリング

 

◎の単複、◎から各印へ馬連。◎から三連単マルチ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。