2017アーリントンC

過去の傾向から、サドラーズウェルズやファルブラヴ・ヌレイエフ持ちの馬が良く絡んでいるところを重視し、本命はサドラー系ローエングリン産駒のヴゼットジョリーとした。唯一の牝馬だが、鞍上も川田に戻ったことだし期待したい。単複のみ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。