2017京成杯

昨年・一昨年とハービンジャー産駒が優勝。今年も3頭出走しており、ノーザンファーム育成馬のベストリゾートあたりが勝ちそうな気もするが、もう少し捻ってみる。ハービンジャーと同じ、ダンチヒ〜ディンヒル系のマル外、バリングラを本命。金杯の日、実は中山に観戦に行っていたが、この日のジュニアCのパドックで見せた馬体は中々雄大で将来性を感じさせた。母父サドラーズウェルズ。フランケル産駒が2歳戦で大活躍しているように、まだまだ影響力の大きい血統だ。

 

前出のベストリゾートを対抗。芝2000でステイゴールド産駒は外せないので、マイネルスフェーンを単穴。最後にこれもハービンジャー狙いでサンティール。ノーザンファーム育成でウチパク騎乗、前走上がり最速と、走る要素は十分ある。

 

◎バリングラ

◯ベストリゾート

▲マイネルスフェーン

△サンティール

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。