2017フェアリーS

江田照男騎乗の逃げ馬ツヅクが内枠に入ったので、本命にしてみる。午後から雨足が強まればなお良い。マツリダゴッホ産駒は、親と比べると、どちらかというとマイラーが多い印象。また、意外と中山不得意な馬も多いようだが、ツヅクは新馬戦で勝ってるし、問題ないか。

 

◎ツヅク

 

単複のみ。

 

(後記)

キングマンボ系保持馬が穴を開けるケースが多かった本レース。ここに着目していればラインジングリーズンに辿り着けていたはず。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。