2016青葉賞

本命はレーヴァテイン。

母レーヴドスカーはレーヴミストラルやアプレザンレーヴなど過去に2頭の青葉賞馬を出している他、産駒を何頭もダービーに送り込んでいる良血。その肌馬にディープを付けた初産駒がレーヴァテイン。大外に入ったとは言うものの13頭立て。東京2400ならそんなに不利は無いと見る。鞍上ルメールなのは、安心というよりは、オッズが下がって残念という感じかも。

 

(後記)

ゼンノロブロイ産駒のレッドアルディストが狙い目だった。

前走2200、特に大寒桜賞勝ち馬。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。