2016関屋記念

関屋記念の血統的な傾向を大雑把にまとめてみると、サンデー系×ノーザンダンサー系の配合馬が優勢。去年・一昨年の優勝馬はレッドアリオン・クラレントのエリモピクシー産駒兄弟で、サンデー×リファール系。ノーザンダンサー系の中ではダンチヒ系・ストームキャット系のスピード血統も強い。去年3着のヤングマンパワーも父スニッツェル、その父がダンチヒで、父×母は逆だが同じ配合。そしてニジンスキー系も健闘している。クラレントの父ダンスインザダークの母父や、一昨年2着馬のダノンシャークも母父にニジンスキーがある。

 

以上を踏まえ、あぶり出される候補馬が、まずはディープ×ストームキャットのラングレー。リアルスティールやプロディガルサンの全兄なので中距離馬かもしれないが、やはりディープ産駒には常に警戒が必要。ヤングマンパワーは今年も馬券内に絡みそう。サンデー系×母系にノーザンダンサー系内包している馬として、マジェスティハーツとカレンケカリーナ、アルマディヴァン。

 

週中予想ではラングレー本命だったが、蛯名騎乗に一抹の不安が。蛯名の新潟成績を調べたところ、平場を含めた新潟1600は良いが、重賞ではガクンと落ちる。それに対し、新潟1600特別以上で過去5年で6勝をあげているのが田辺裕信。その田辺が今回騎乗するのがNHKマイルC優勝馬のクラリティスカイ。その後の成績がパッとしないが、転厩(友道→斎藤誠)を切っ掛けとして馬に気合が戻ってきているとも聞いている。木曜日にサンスポを買って調教をチェックしたところ、サンスポではあまり付くことのないS評価が付いていた。(実際の調教映像を見たが、あまり良く分からなかった)

血統的には、クロフネ×スペシャルウィークで、ノーザンダンサー×サンデーという条件をクリア。スペシャルウィークの母父がマルゼンスキーで、その父ニジンスキー。前走はダート重賞を使い13着だったが、これはノーカウントとしたい。その他の近走も二桁着順とは言うものの、先行して頑張っているし、まだまだ見限れない。何より鞍上田辺が魅力。ロゴタイプ騎乗の安田記念のような粘り込みを見せてくれることを期待。

 

◎クラリティスカイ

◯ヤングマンパワー

▲ラングレー

△マジェスティハーツ

△カレンケカリーナ

△アルマディヴァン

 

デムーロ&ルメールは、血統条件は満たしているが、思い切ってぶった切る。

 

馬券は◎の単複中心。

◎→各印と、▲→各印への馬連を少々。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。