2016東京新聞杯

本命は、グランシルク。

ニューイヤーS組が好ローテ。中山では追い込んで届かなかったが、東京では差しが届くと見た。

血統的には、ロベルト系保持を重視した。昨年2着のアルフレードは父シンボリクリスエス。11年にはスマイルジャック(父タニノギムレット)が優勝している。グランシルクは母父がロベルト系。

馬場が渋っても走ると思ったが、良馬場も勿論歓迎。

鞍上も、福永だと緩すぎて、戸崎だとキツ過ぎるという印象。池添のようなアタリの騎手に乗り替わったのも良いと思う。

1・2番人気の馬も無難に走りそうなので印を付けたが、単穴はサトノギャラントとした。こちらもシンボリクリスエス産駒。

休み明けの成績も良いし、最後に凄い脚で突っ込んで来ることを期待。

ニューイヤーSのワンツーもあると見て、最後にダイワリベラルを押える。

◎グランシルク

○ダッシングブレイズ

▲サトノギャラント

△ダノンプラチナ

△ダイワリベラル

馬券は、◎の単複を、勝負度やや強めで攻める。

他、◎と▲から馬連流し。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。