2016函館2歳S

米国型スピード血統やダート傾向の強い馬が好成績を残しているのが血統傾向。すなわち大系統ノーザンダンサー系からはストームバード系やフレンチデピュティ系。大系統ミスプロ系の中ではフォーティナイナー系。あるいは大系統ナスルーラ系からはボールドルーラー系統の馬とか。そして、近2年に限って言えば母父サクラバクシンオーが3頭馬券に絡んでいる。

 

これらの血統要素を考慮し、印は以下とした。

 

◎ネコワールド

◯モンドキャンノ

▲ドゥモアゼル

△ラーナアズーラ

△レヴァンテライオン

 

ネコワールドとは、ふざけた名前だが、前走ダート勝ちのせいか人気がない。父ノボジャックは中央・地方のダート戦線で頑張っていた馬。母父にサクラバクシンオーで血統テーマを満たしている。1枠1番に入ったここは、スタートから軽快に飛ばして、逃げ粘って欲しい。

 

△のレヴァンテライオンとの2頭で決まったら、ネコライオン馬券の出来上がりだ。(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。