2016ダイヤモンドS

なんだか、過去に重賞実績のある高齢馬がうじゃうじゃ出走している。

本命は若い馬、特に4歳馬にしたい。

その中で本命としたのは、金杯でも中心視したスピリッツミノル。

馬場が重くなるのは、アグネスタキオン系の馬には歓迎。

さらには、内枠で上手い競馬をする松岡に替わっての、1番枠。

今回はキッチリ逃げて欲しい。

11番人気から入るので、馬連は手広く流す。

過去の傾向では、欧州血統、中でも凱旋門賞勝ち馬が何度となく馬券となっていることを重視。

今日の馬場なら、尚更だ。

まずは人気だが、母母父にサドラーズウェルズを持つタンタアレグリアを対抗。

単穴に、母系にエリシオとトニービンを持つネオブラックダイヤ。こっちが逃げるかも。

連下に母父ダンシングブレーヴのホッコーブレーヴと母父エリシオのフォタモルガーナ。

結局、内枠の馬だけで終わるということも十分考えられる。

父ハーツクライ(その父トニービン)で、母母父サドラーズウェルズのゴッドフロアーも不気味。

2年連覇中のフェイムゲーム(父ハーツクライ)も押える。

最後にモンドインテロ。この馬も4歳で、母父ブライアンズタイム。

◎スピリッツミノル

○タンタアレグリア

▲ネオブラックダイヤ

△ホッコーブレーヴ

△フォタモルガーナ

△ゴッドフロアー

△フェイムゲーム

△モンドインテロ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。