2016ジャパンC

今の時点で、まだ雨が降っていないが、稍重程度の馬場にはなると見て、予想する。

 

本命はレインボーライン。父ステイゴールド産駒らしい、小柄ながら勝負根性満載の馬。ディクタス系の馬は、夏から秋にかけて急成長するのが特徴。しかも母母父がアンバーシャダイ系というスタミナ血統なので、重馬場もドンと来いだ。鞍上もルメールに代わり、ここは必勝態勢と見た。

 

対抗にディーマジェスティ。こちらも母系がスタミナ満点で、重馬場大歓迎。東京2400のG1では、やはり素直にディープ産駒を買いたい。

 

単穴には牝馬のルージュバック。前走の天皇賞では競馬が出来なかったので、疲労度なし。馬場は気になるが、恵量を生かして突っ込んで来ておかしくない。

 

本命と単穴をノーザンファーム生産馬としたが、押さえも、ノーザンファーム・社台ファーム生産馬、かつ外人騎手から選びたい。サウンズオブアース、リアルスティール。

 

キタサンとゴールドアクターは、これに該当しないので思い切って消すが、もしゴールドアクターが勝ったら、スクリーンヒーローとの親子制覇を祝福しよう。

 

爆穴で、騸馬のフェイムゲーム。春天などで何度か本命にしたが、ここでも懲りずに狙ってみる。ジャパンカップの血統的狙い目として、トニービン持ちの好走というのがある。トーセンジョーダンやジャガーメイルが人気薄で馬券内に来ているし、昨年は17番人気のジャングルクルーズが、あわやの4着。今年は、ワンアンドオンリーとフェイムゲーム、シュヴァルグランと、三頭のハーツクライ産駒が参戦。いかにもシュヴァルグランあたりが馬券に絡みそうだが、ここは思い切ってフェイムゲームをチョイス。前走のアルゼンチン共和国杯では、勝ち馬と同じ33.7の上がりを使って掲示板を確保。何度も書いたことだが、この馬、母系にリボー系やらディクタスが詰まっていて、大舞台で一発やらかすとしたら、この馬なのではないか。

 

◎レインボーライン

◯ディーマジェスティ

▲ルージュバック

△サウンズオブアース

△リアルスティール

☆フェイムゲーム

 

馬券は、◎の単複が勝負馬券で、馬連は◎と◯から流す。フェイムゲームからの馬券も少し買ってみようか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。