2016シンザン記念

開幕して間も無い京都コースということで、前に行く馬を狙う。

特にシンザン記念は、昨年こそ後ろから来た馬で決まったが、

基本は逃げ馬・先行馬が有利なレース。

 

ということで、武の馬か、藤岡康の馬がまず目に止まる。

どちらもディープ産駒で前走を圧勝。

ラルクは牝馬なので割引きたいところ。

ただし、ここで勝つようならクラシックでも有力候補となるか。

ピースマインドは新馬戦で強かったとは言え、人気し過ぎでは。

 

ならば、もう一頭逃げ馬で、前走圧勝しているショウナンアヴィドではどうか。

4戦目にして初勝利という、勝ち味に遅い馬だが、

かつてのシンザン記念の勝ち馬ガルボにしても、4戦目が初勝ち鞍だ。

母父キャプテンスティーヴっていうのも渋い。

この馬、ドバイでトゥザヴィクトリーに勝った馬だったんだなぁ。

ダマスカス系というマイナー血統。

種牡馬の傾向としては、器用な脚はないが、スピードがあって粘り強いのが特徴らしいので、このレースにはもってこいだと思う。

内枠天国の京都で、大外ということもあってか、あまり人気が無いのもオイシイ。

 

対抗にダンチヒの血を持つ、ロジクライ。

ダンチヒとこのレースは相性がいい。

それにしても、センスの無い馬名。

 

押さえにルメールとデムーロ。

こいつらだけで、今年どんだけの重賞タイトルを獲るのだろうか。

 

◎ショウナンアヴィド

○ロジクライ

▲ラルク

△アストラエンブレム

△ジュエラー

 

馬券は◎の単複と、◎からの馬連。

オッズ次第では▲からの馬連も。

 

(後記)

うーーん。

ロジクライが来たか。

対抗から流していれば、馬連高配当ゲットだった…。

岩田、直線で追うの止めるなよ。

 

中山ニューイヤーSは、コスモソーンパークの単複を買って悶絶!

(複勝的中で新年初当たり馬券)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。