2016シルクロードS

本命は、サトノルパン。

唯一出走のディープインパクト産駒。

これまで同レースでの勝ち鞍は無く(出走自体ほとんどなし)、1200の適正も高いとは思えないが、そこをあっさり勝ち切るのがディープ。

京阪杯と同じ重馬場となりそうだし、そうなると母父ダンシングブレーヴのスタミナが生きるのでは。

内枠先行有利の傾向もあり、5番に入ったのも買い材料。

他、人気馬中心とはなるが、斤量57kg以上の重ハンデ馬に印を付けた。

◎サトノルパン

○ビッグアーサー

▲ダンスディレクター

△ネロ

△アースソニック

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。