2016アーリントンC

過去のレース傾向から、ダンチヒ・トニービン・サドラーズウェルズ・ファルブラヴ持ちの馬を中心視。その中から、母父ディンヒル(その父ダンチヒ)のロードブレイドを本命とした。

 

さて、父キンシャサノキセキは母系にリボーを持っているので、ディンヒルの母系にあるリボーとのクロスが成立している。新馬戦の時計は特筆できるものではないが、馬群を割って抜け出した根性に、リボーの勝負強さを見たような気がした。新馬戦からいきなりの重賞だが、相手が強くなってこそ真価を発揮するのが、リボー系保持の馬の特徴。人気薄だが、ここは好勝負を期待したい。

 

◎ロードブレイド

○アーバンキッド

▲レオナルド

△オデュッセウス

△パールフューチャー

 

出走取り消し・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。