2016きさらぎ賞

◎ロイカバード

サトノダイヤモンドが圧倒的1番人気。

この馬、新馬戦・500万下と前半64秒前後のドスローで、直線での競馬しかしていない。こういう戦績の馬でも重賞で成果を見せる場合もあるが、期待を裏切ることも多い。

本命は、そのサトノダイヤモンドに新馬戦で2着に敗れたロイカバードとした。他の馬たちに比べ、福寿草特別で少しはシマリのあるレースを経験したことが重賞ペースで生きると見る。未勝利戦では、本レースと同じ1800mも経験しているので、そこもプラスと判断。

馬券的には、サトノとの2頭で決まるか、サトノ以外の伏兵が突っ込んでくるか、まったく読めないので、◎の単複のみとする。

さて余談だが、「こじまる」ならぬ「こじはる」の3連単5頭ボックスが良く当たると評判とのこと。今年はAJCCと根岸Sで3連単を的中させている。

その「こじはる」のきさらぎ賞予想は以下。

◎ 9.サトノダイヤモンド

【3連単BOX】

2.レプランシュ

3.ロイカバード

4.ロワアブソリュー

8.ノガロ

9.サトノダイヤモンド

AJCCではサトノラーゼンを無印にしたり、根岸Sではグレープブランデーを印に加えていて、妙にセンスがあるな、と感心していた。(入れ知恵する誰かが居るのだろうか)

さて、きさらぎ賞ではどうなるか。順当に決まるとトリガミっぽいですが。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。