2015菊花賞

週中予想での本命は、血統的な魅力に長けるミュゼエイリアン。

ロベルト系スクリーンヒーロー×エルコンドルパサーで、菊花賞と長距離の適性には間違い無し。

だが、速い上がりが使えなさそうなので、京都の高速馬場がどうか。

ただし消耗戦になれば出番がありそう。

 

代わって本命としたのが、ハービンジャー産駒のベルーフ。

距離が伸びて、遂にこの馬の、そしてハービンジャーの種牡馬としての本領が発揮される時が来たと見る。

セントライト記念は中団に付けて、直線で馬群に揉まれながらも、怯まない勝負根性を見せ、母系の底力さを感じさせた。

京成杯で既に重賞を勝っているが、夏を越えて更に成長を遂げたのではないか。

鞍上は、川田の騎乗停止によって、浜中に乗り替わり。

2週連続で浜中は無いだろ!の裏をかく作戦をここでも採用。

 

対抗にはリアファル。神戸新聞杯では強い競馬を見せた。

ここでも有力だが、8枠に入ったのがどこまで影響するか。

 

押さえは以下三頭。

ワンダーアツレッタはエンパイアメーカー産駒だがスタミナはありそう。

内枠に入った、岩田騎乗のサトノラーゼン。

もう二頭いるハービンジャー産駒のうち、人気薄の方のマッサビエル。

 

◎ベルーフ

◯リアファル

▲ミュゼエイリアン

△ワンダーアツレッタ

△サトノラーゼン

△マッサビエル

 

◎の単複。◎→各印と、▲→各印の馬連・ワイド。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。