2015札幌2歳S

ここ数年の1〜3着馬の血統傾向を、ざっと見渡してみると、パワー型(ダート向き)サンデー系や、ミスプロ系保持の馬が目に付く。

 

去年は、その両方を併せ持った馬の、ワンツースリー。

今年の出走馬では、アフターダークとスパーキングジョイが該当。

どちらを本命なするかと言えば、人気薄のヴィクトワールピサ産駒の方でしょう。(有馬記念でもお世話になったし)

 

サンデーの3×3のクロスやら、ミスプロの4×4、ノーザンダンサーの5×5とか、インブリードしまくりなのも、2歳馬同士の早熟比べという観点からはプラスなのでは。

 

本命スパーキングジョイ。馬券は単複のみ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。