2015年金鯱賞

トニービンが注目血統。あとは近2走で上がり最速を使えている馬。騎手に課題は残るが、ここは森一馬騎乗のマジェスティハーツに期待。平地初重賞制覇なるか。

▲にやはりトニービン持ちのサトノノブレス。近走2400以上を使っている距離短縮馬というのも狙い目。

距離がどうかと思うが、天皇賞に続いてクラレント。トニービンが走るということなら、スタミナゴテゴテのダンスインザダーク×ダンシングブレーヴで全く問題無し。前々でレースを運んで、粘り込みが充分あるぞ。

◎マジェスティハーツ
○レーヴミストラル
▲サトノノブレス
△クラレント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。