2017札幌2歳S

キーンランドCでは、好きな馬として挙げた2頭がワンツーを決め、
悶絶。ダイワメジャー産駒は取捨が難しいです。(笑)
さて、札幌1800は内枠が有利。今年のクイーンSも2枠→1枠→4枠で
決まり、大外枠の1番人気が掲示板から外れた。種牡馬としては
ディープで断然だが出走無し。ならば洋芝適正があると思う、ザ・
ヨーロピアン種牡馬のハービンジャー産駒を狙う。

本命はカレンシリエージョ。
前走の未勝利戦では、重馬場の中、後続を寄せ付けない圧勝。鞍上
も池添で不安無し。
対抗は最内のシスターフラッグ。父ルーラーシップ。その父キング
ハメハメハの後継種牡馬となれるか、期待がかかる。
単穴には、ついに出てきたオルフェーブル産駒の2頭のうち、◎の2
着馬のクリノクーリング。押さえに、もう一頭のオルフェ産駒で
ロックディスタウン。最後の押さえに大外だが、不気味な蛯名の
ファストアプローチ。

◎カレンシリエージョ
◯シスターフラッグ
▲クリノクーリング
△ロックディスタウン
△ファストアプローチ
このまま単勝が7倍以上付くなら、ドカンと◎の単複勝負!

2017キーンランドC

斤量有利の3歳馬2頭を中心視。デムーロが乗るメイソンジュニアの父はメイソン?ダンチヒ系グリーンデザートの流れの馬か。グリーンデザートと言えば、高松宮杯を勝ったシンコウフォレストや、アイビスSD・函館スプリントを勝ったメジロダーリングとかが代表産駒。うーん、懐かしい。

もう一頭の3歳馬はキンシャサノキセキ産駒のモンドキャンノ。母父もサクラバクシンオーでスピード適正は十分。そして、この2頭、ともに1600重賞の連対実績が有るのが良い。1200戦とは言え、洋芝の札幌コースはマイルも走れる馬が強い。

エポワスは好きな馬だが、もう9歳か。この馬にルメールが乗ってきた。札幌のファルブラヴはやっぱり怖いのでこの馬にも重めの印を付けたい。人気サイドから入るので馬券は絞る。

キンシャサノキセキ産駒のシュウジはモレイラだが、流石に58kgなので消す。来たら諦める。ソルヴェイグも好きなダイワメジャー産駒。夏~秋の季節にこの斤量だったら巻き返しもありそうだが、久々がどうか。

押さえには、アドマイヤオーラ産駒のノボバカラを抜擢。ダート戦を経てきた馬だが、このような馬がスプリント戦で穴を開けることもよくある。母父フレンチデピュティもスピードの補強に良い。

◎モンドキャンノ
○エポワス
▲メイソンジュニア
△ノボバカラ

馬券は◎の単複と、◎⇨各印・▲⇨各印の馬連。

(後記)
「好きな馬」として挙げた2頭のワンツーで決まって、悶絶。しかも3着もダイワメジャー産駒か。馬券は馬体重発表前に買っていたが、エポワスの+20kgを知っていたら、どっちにしろ買えなかったか。

2017新潟2歳S

前走でハイペースを経験している馬をチョイス。一頭はディープブリランテ産駒のシンデレラメイク。もう一頭はスウェプトオーヴァー産駒のラインギャラント。本命は前者にした。ディープブリランテ産駒は、セダブリランテスが初産駒でラジオNIKKEIを勝っているが、これに続けるか。中谷もそろそろ重賞勝ちが欲しいところ。まずは2歳のG3あたりが妥当とも思える。残りの印は、本レースで何頭か人気薄で馬券に絡んでいるグレイソヴリン系の馬に回す。まずは、父ヨハネスブルク、母父ジャングルポケットのプレトリア。父ハーツクライのオーデットオール。父ダイワメジャー、母父トニービンのフロンティア。

◎シンデレラメイク
○ラインギャラント
▲プレトリア
△オーデットオール
△フロンティア

馬券は◎の単複と、◎⇨各印の馬連。

2017北九州記念

小倉1200コースは、スタート直後から下り坂が続き、テンから流れるレースになることが多い。その結果、先行馬が総崩れとなり、差し・追い込み馬が台頭する。かつての北九州記念は、この傾向が顕著だったが、ここ数年は変化が見られる。14年は先行馬2頭で決着し、15年16年もベルカントが先行して連対を果たしている。

さて、今年はどうなるのか。アクティブミノルが速い流れを形成しそうに見える。土曜日の小倉では1200戦が4鞍行われたが、先行前残りの結果が多め。小倉得意の酒井学が鞍上だし、アクティブミノルは最有力候補。他、先行馬ではオウノミチも血統的に気になる。父オレハマッテルゼは、その母系が名牝ダイナカール。母父がスターマン。この馬、ナリタブライアンに土を付けたことがある。母ナゾはローカルの短距離コースで活躍していた。

その2頭を気にしつつも、本命はハイペースの追い込みを得意とするトウカイセンスを抜擢したい。恵量の52kgの牝馬。ハーツクライ産駒は、13年にツルマルレオンが同レースを制覇している。鞍上は若手ホープの荻野極。今年2年目だが既に32勝をマークしていて堂々のリーディング21位。インタビュー記事を見たが、全休日でも馬に乗っていたりする研究熱心な新人。ここは将来への期待も込めて本命としたい。

最内枠を引いた、こちらも恵量牝馬のラヴァーズポイントにも印を回す。

◎トウカイセンス
○アクティブミノル
▲オウノミチ
△ラヴァーズポイント

2017札幌記念

ディープ産駒にモレイラが乗ってくるので、素直にマウントロブソンを本命としたい。血統的に一番怖いのは、ネオユニヴァース産駒のサウンズオブアース。母父も長距離血統のディキシーランドバンド。洋芝の札幌2000は長距離適性が求められる舞台だ。堅実なヤマカツエースとルメールのエアスピネルも当然、有力。前々に行ったまま残りそうなマイネルミラノにも印を付ける。

◎マウントロブソン
○ヤマカツエース
▲サウンズオブアース
△エアスピネル
△マイネルミラノ

2017関屋記念

関屋記念の有力血統をざっと俯瞰すると、ボールドルーラー、ストームバード、ダンチヒ、ニジンスキー辺りが目に付く。

その筆頭、ボールドルーラーの血統特徴を一言でまとめると、持続力の権化。。早逝したアグネスタキオンが母父にボールドルーラー系を持っていたが、キャプテントゥーレやダイワスカーレットのように、前に行ってバテずに最後まで粘りこむ競馬が得意な馬が多い。関屋記念では2015年に、直系のレッドアリオンが勝ち、母父系ボールドルーラーのマジェスティハーツが2着に入った。

アグネスタキオンに代わる、ボールドルーラー持ち種牡馬としてマツリダゴッホを取り上げたい。今年は同産駒が二頭出走。一頭は人気サイドのロードクエスト。そして同枠にもマイネルハニー。前者は新潟2歳Sの勝ち馬で、3歳時に京成杯AHも勝っていて、当然有力だが、ここは期待値も考慮し、後者のマイネルハニーを本命に抜擢する。

展開的には、差しも決まるが、人気薄の先行馬も侮れない。そして、外枠有利。大箱と思われがちな新潟コースだが、実は幅員が狭く、3~4コーナーはJRA全場でも屈指のキツめの角度だったりする。内の馬が包まれやすくなるのに比べ、外目の枠の方が自由に動ける。

本命にマイネルハニーで、単穴にロードクエスト。デムーロ騎乗で2戦2勝のメートルダールを対抗とする。2年連続で馬券になっている、ダンチヒ系のヤングマンパワーを押え。ストームバード×ボールドルーラーの逃げ馬マルターズアポジーも最後に印を回す。

◎マイネルハニー
○メートルダール
▲ロードクエスト
△ヤングマンパワー
△マルターズアポジー

(後記)

好きな逃げ馬マルターズアポジーが逃げ切った。
ストームバード×ボールドルーラーと、新潟はコーナーが急なのだから、福島の小回り適性がここで生きると見れば、全然買える単勝馬券だった。悔しい。

2017小倉記念

昨年はグレイソヴリン狙いで行くかステイゴールド狙いで行くか迷った結果、ステゴ産駒の素質馬リヤンドファミユを本命とし、敢え無く撃沈。母父グレイソヴリンのクランモンタナが11番人気で快勝し、地団駄を踏んだのだった。

今年もグレイソヴリン持ちの馬が数頭、出走する。クランモンタナは流石に8歳なので手が出しにくい。障害帰りの馬は強いケースもあるが、果たしてここではどうか。菊花賞3番人気のカフジプリンスはハーツクライ産駒。4歳馬は本レースの成績も良いし有望かと思える。フェイマスエンドは母母父系がビワハヤヒデなので、これもグレイソヴリン系であるが、血統的にはちょっと弱過ぎる感が否めない。

父ディープ×母父トニービンのフェルメッツァに魅力を感じる。同じ血統構成のサトノノブレスが2014年に本レースを勝っている。父ディープだけではローカル小回りの適正には合致しなくても、そこに母父トニービンのスパイスが働くことで一気に有力になる。トニービン、ひいてはグレイソヴリン系の馬の特徴を一言でまとめると、一瞬の脚は速くないが、スピードに乗れば長く脚を使える馬が多い、と言ったところか。小倉2000の適正も考慮し、この馬を本命としたい。

対抗には、昨年中心視したステイゴールド系狙いで、その直系ナカヤマフェスタ産駒のヴォージュ。この馬も実は母父がタニノギムレットなのだからグレイソヴリン系を内包する。少しこじづけ気味なので、これ以上は強調したくはないが、警戒は必要と感じる。ナカヤマフェスタの母父系はリボー系なのも大いに気になる。当初は◎も考えたが、鞍上の松若を差し引き対抗とした。

単穴には、先にあげたカフジプリンス。こちらも本命候補だったが、ヤネの中谷を割引いた結果の印。

押さえにはハービンジャー産駒の2頭。ベルーフについては母系にディクタスを持っているので、ついついあらぬ期待を寄せてしまうのだが、常にそこそこ人気してしまうので、馬券的にはそれほど面白味はないかも。とは言いつつも、全く無印も怖いので△を付けた。もう一頭ハービンジャー産駒からサンマルティン。重賞初挑戦ではあるが、大崩れのない馬なので印を押さえてみる。

◎フェルメッツァ
○ヴォージュ
▲カフジプリンス
△ベルーフ
△サンマルティン

◎の単複が勝負馬券。◎から各印へ馬連を流す。

2017クイーンS

本命は、ゼンノロブロイ産駒のシャルール。近走の成績は芳しくないが、れっきとした昨年の1番人気2着馬。新馬戦を勝ったのも、この札幌芝1800の舞台。また、ゼンノロブロイ産駒は過去にコスモネモシンやアニメイトバイオ、ラブフールなどが馬券に絡んでいる。鞍上も札幌を得意としている四位。スタートから1コーナーまでの直線が180mと短いコースなので、内枠に入ったのも歓迎材料。

対抗に隣の2枠2番のアエロリット。内枠の横山典弘には常に警戒が必要。G1勝ち馬だが3歳なので斤量52kgで出れるのも有利。
単穴にザ・ヨーロピアン種牡馬=ハービンジャー産駒のヤマカツグレース。新馬戦勝ちが札幌1500。こちらも3歳なので51kgなのが強み。
押さえは2頭。洋芝得意のマンハッタンカフェ産駒のクインズミラーグロと、器用な競馬が出来るキンカメ産駒のマキシマムドパリ。

◎シャルール
○アエロリット
▲ヤマカツグレース
△クインズミラーグロ
△マキシマムドパリ

馬券は、◎の単複と、◎と▲から各印へ馬連を流す。

2017アイビスSD

昨年一昨年とベルカントが連覇し、過去にもエーシンダックマンが2着しているようにサクラバクシンオー産駒が好成績。母父でもハクサンムーンやシンボリディスコが馬券に絡んでいる。流石に産駒も減ってきて今年は、直系からはショウナンカンプ産駒のナリタスターワン、母父ではシンボリディスコの2頭のみが出走。枠順や鞍上から見て、この2頭は消したい。

サクラバクシンオー以外の血統傾向としては、ストームキャット系や、フレンチデピュティ系・フォーティナイナー系など、スピード重視、ダート傾向の馬の好走が目立つ。今年も、同系保持の馬はわんさか出てきているので中々本命を絞り辛い。

なので上記にあげた系統からではないが、スピード型・ダート向きの種牡馬に焦点を当て、メイショウボーラー産駒のラインミーティアを狙う。メイショウボーラーの父は、現代競馬屈指のスピード馬と言えたタイキシャトル。メイショウボーラー自身、フェブラリーSを勝っていたり、他の産駒も短距離志向が強い。古い話だが2005年勝ち馬のテイエムチュラサンもタイキシャトル産駒だった。鞍上は西田雄一郎。このオッさん、新潟直線の鬼。そして8枠15番に入ったが、本コースで大外枠が有利なのは逆らいようがないので、これもプラス材料。

対抗には、血統傾向であげたストームキャット系ヨハネスブルク産駒のネロ。戸崎が乗った時は3戦3勝と相性がいい。
単穴にはレジーナフォルテ。父スピード型ミスプロ産駒のアルデバランに、母父が持続力の権化と言えるボールドルーラー系。いかにも新潟千直向きの血統配合。ここのところ先行した競馬を続けている前向きさも良いし、斤量51kgは魅力なので当初は本命候補だったが、鞍上でのマイナスと、ちょっと人気し過ぎの感もあり、単穴とした。
押さえにアクティブミノル。父ストームキャット系で母父はアグネスタキオン。アグネスタキオンの母父はボールドルーラー系。酒井学hs過去にアイビスSDを勝っている。

◎ラインミーティア
○ネロ
▲レジーナフォルテ
△アクティブミノル

馬券は、◎の単複と、◎と▲から各印へ馬連を流す。

2017函館2歳S

スピード寄り、ダート傾向の血統を持つ馬がしばしば馬券に絡む傾向にある。過去5年の連対馬をざっと見渡しても、フレンチデピュティ系やストームバード系、フォーティナイナー系、ダンチヒ系の馬がゴロゴロ。今年の出走馬もやはり同様。

本命は、上記にあげた血統ではなく、ダイワメジャー産駒としたい。本命はアリア。ダイワメジャーは、サンデー系では屈指の、仕上がりが速く2歳戦に強い血統。一昨年の同レースでも2・3着としている。また、母系にもトワイニング(フォーティナイナー系)とクロフネ(フレンチデピュティ系)があり、これでもかと言うぐらいスピード血統で構成されている。丸山元気Jは函館・札幌の成績は悪くないので期待したい。

対抗にはカシアス。仕上がりの速さということではキンシャサノキセキも、シュウジやモンドキャンノを出しており負けていない。カシアスは前走3馬身半差をつけて圧勝。母父もダンチヒ系でスピード要素は万全。

単穴には鞍上込みでベイビーキャズ。父アルデバランⅡは、シルクロードSを連覇しているダンスディレクターの父。母父もスウェプトオーヴァーポート(フォーティナイナー系)でスピードを補完。

押えにもう一頭のキンシャサノキセキ産駒でリンガラポップス。乗れてる北村友一J。母父ダンシングブレーヴだが、この血統馬は大逃げとか後方追い込み一気など、極端な競馬で成果を出すことがあるので警戒したい。

◎アリア
○カシアス
▲ベイビーキャズ
△リンガラポップス