東京芝重賞

東京芝コースの特徴

新潟に次ぐ長い直線を有する、国内最大級の競馬場。最後の直線に坂はあるものの、200mをかけて2mを上るゆったりしたもの。坂を上り切ったあとはゴールまで300m。コースの幅員も広く、コーナーの角度も緩やかめのため、スタートからゴールまで、展開的に速くなり過ぎることもスピードが落ちる要素も少ないレイアウト。淡々とした流れで直線に向くと、最後に生きるのは瞬発力。よって、ディープ産駒の成績が圧倒的に良い。そして見逃せないのが馬場の高速化。前々から内を回ってこれる先行馬が有利で、後方一気は届かない。血統的には、ディープの牙城を崩さんとするロードカナロアに注目したい。

東京新聞杯

クイーンC

共同通信杯

ダイヤモンドS

フローラS

青葉賞

NHKマイルC

京王杯スプリングC

ヴィクトリアマイル

オークス

日本ダービー

目黒記念

安田記念

エプソムC

サウジアラビアロイヤルC

毎日王冠

府中牝馬S

富士S

アルテミスS

天皇賞・秋

京王杯2歳S

アルゼンチン共和国杯

東京スポーツ杯2歳S

ジャパンC